初心者OK!これだけでエクセル上手なテクニック①

こんにちは(^^♪miiです✨

前回の記事からパソコン操作について書き始めましたが、

今日はパソコンアプリの中でも代表的な、「エクセル」について書いていきたいと思います♩

エクセルには、関数、マクロなど等・・様々な機能がついていますね。

でも大半の方が操作する場合、そのような難しい機能じゃなくても基本的な操作が出来れば十分支障がないです!って方がほとんどです。

私もその一人w

なので、今日は私が使用していて、十分使える基本操作ショートカットの方法を書いてみたいと思います。

●エクセルで使えるショートカットキー一覧

「Ctrl」+「1」     セルの書式設定を開く

「F4」           直前の操作を繰り返す

「F2」          セルの編集モード

「Ctrl」+「+」     行・列・セルの挿入

「Ctrl」+「-」     行・列・セルの削除

範囲選択 +「F11」     グラフを作成

「Alt」+「Enter」    セル内で改行する方法

「Alt」+「Shift」+「=」 SUM関数(合計を求める)

「Ctrl」+「PgUp」    左のシートへ

「Ctrl」+「PgDn」    右のシートへ

「Shift」+「スペース」  行の選択

「Ctrl」+「スペース」    列の選択

「Enter」        下のセルに移動

「Tab」         右隣のセルに移動

「Shift」+「Enter」   上のセルに移動

「Shift」+「Tab」    左のセルに移動

「Shift」+「方向キー」  範囲選択

「Ctrl」+「backspace」 選択されてるセルがある場所へ戻る

●セルの書式設定をうまく活用する方法

「Ctrl」+「1」 セルの書式設定を開く

※「1」はテンキーの1では反応しないので注意。

セルの書式設定は、ずっとマウス操作の右クリック、もしくはリボンのツールボタンからやっていました。

が、しかし、このショートカットであれば一発で書式設定が開けるのです。

マウス操作をしていちいち「セルの書式設定」を開いていた方からしたら、このボタン一発操作のすごさがわかると思います笑

「F4」直前の操作を繰り返す

例えば、「太字」、「中央ぞろえ」、「赤字」の作業をした場合、「F4」を押すと「赤字」しか反映されません。

ただ、このキーのすごさは、これがセルの書式設定を開いて一発でやったとしたら、書式設定でやったすべての操作が直前の操作とみなされて、「F4」を押すと「太字」、「中央ぞろえ」、「赤字」にしてくれるのです。

セルの書式設定とうまく組み合わせるととても効率のいいショートカットです(^^♪

●セルを編集する場合のショートカットキー

「F2」でセルを編集モードに出来る。

選択しているセルにそのまま入力を始めると上書きになってしまい元のデータが消えてしまいますね。

入力してあるセルに、追加で編集をしたい場合、私は今までマウスのダブルクリックで入力モードにしていました。

ただ、これを「F2」を押せばキー操作一発でできるんです。

●セルの挿入・削除もショートカットキーが使える!

「Ctrl」+「+」 行・列・セルの挿入
「Ctrl」+「-」 行・列・セルの削除

行、列祖選択してこれを押すと、押した分だけ行or列が増えたり減ったりします。

わざわざマウスでセルの挿入や削除をしなくて済むので、これだけでもかなり効率がいい操作ですね(^^)

●グラフの作成もショートカットキーで一瞬!

範囲選択 +「F11」 でグラフを作成!

なんと、エクセルショートカットキーでグラフが一瞬で作成できるんです。
グラフにしたいデータを範囲選択して「F11」を押すだけで、一瞬でグラフが作成できます。

●セル内で改行する方法

「Alt」+「Enter」

セルの中に文字を打ち込む際、「Enter」を押すと次のセルに移動してしまう。。

どうしたらセルの中で改行できるんだろう・・と思いながら、スペースを駆使して改行っぽく見せていた私。

これであればスペースをひたすら押さなくてもセル内で改行ができるんです。

感動。

●関数で一番よく使うSUM関数のショートカット

「Alt」+「Shift」+「=」 SUM関数(合計を求める)

関数の中で一番よく使うのがSUM関数。

このショートカットは、合計値を求めたいセルを選択した状態で押せば勝手に合計値を選択したセルに出してくれます。

なので、いちいちオートサム機能をマウスでクリックせずに済みます。

●まとめ

第一弾、いかがでしたでしょうか?

これだけでも十分時間短縮になりますが、第二弾ではマウスを使ったエクセル時短テクニックもお話していきたいと思います♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする