web検索の作業効率アップ!使えるショートカット操作②

こんにちはmiiです。

今日は昨日の記事の続き、webでよく使う機能にフォーカスして書いていきたいと思います♩

「web検索の作業効率アップ!使えるショートカット操作①」はこちらから✨

●webの「お気に入り」・「履歴」の活用

「Ctrl」+「I」       お気に入り表示
「Ctrl」+「D」      お気に入りに追加
「Ctrl」+「H」      履歴を表示

このキー操作は幅広い定番のブラウザでは使えます(^^♪

「お気に入り」を、わざわざマウスでクリックして表示しなくても「Ctrl」+「I」一つでお気に入りが開けます✨

更に、気になるページを見つけた場合は、その画面上で「Ctrl」+「D」を押せばお気に入り欄が表示されて、「Enter」で気軽に登録をする事が出来るのです。

お気に入りをしていない過去検索したサイト等は、「履歴」から探す事が出来ます。

「Ctrl」+「H」で履歴欄が出てくるのでマウス操作の手間が省けます。

●webの表示を最新にする

「Ctrl」+「R」もしくは「F5」で最新に更新

webは常に最新の情報が更新されています。

なので、しばらくページがそのままになっている場合、自分がwebで入力した情報を更新したい、等の場合は更新を自分でクリックしなくてはいけません。

その際に、マウス操作なしで一発で更新できるのが「F5」です。

「Ctrl」+「R」でも更新出来ますが、私は「F5」のほうが押しやすいのでそちらを使用しています♪

これは自分の押しやすいほうを身に付けるといいかもしれないですね(^^♪

●タブに関するショートカットを活用しよう

「Ctrl」+「T」      新しいタブを開く
「Ctrl」+「W」     タブを閉じる
「Ctrl」+「Shift」+「T」    直前に閉じたタブを開く
「Ctrl」+「リンクをクリック」別タブでリンクを開く

web検索をしていると色んなページを開くかと思います。

その時に、新しいタブをマウスクリックで開いたり、不要なタブを×ボタンをクリックして消したりなどをするより、キー操作で行ったらはるかに早く開いたり閉じたりできます。

しかもキー操作で良いのが、「Ctrl」+「Shift」+「T」で直前に間違えて消してしまったタブを再度開いたりもできるのです。

私自身、もういいやと思って消したタブも、あ、もう一度必要だった再度検索・・なんて事を、今まで何度となく繰り返していました。

でもこのキー操作であれば、消してしまったタブを復活させる事が出来るので、仮に間違って消してしまっても大丈夫。このキー操作は地味に、かなり重宝します。w

あとは、複数検索をしている時に役に立つのが、別タブでリンクを開く操作。

通常のマウスクリックでリンクをクリックすると、そのタブにURL先のページが表示され、また元のページに戻りたい場合は←で戻らなきゃいけないですし、そのページを残しておきたい場合は別タブを開いて再度同じ検索ワードを入力しないといけません。

しかしそんなめんどくさい作業をしなくとも、「Ctrl」+「リンククリック」で、リンク元のページとは別のタブでページを開く事が出来るのです。

例えば検索ページであったり、どこかのwebページのリンクであったり、気になる画面があればこの操作で開けば、わざわざ戻る必要も、新しいタブで検索ワードを打ち込む必要もありません。

本当に便利なキー操作です(*’ω’*)

●入力欄を瞬時に移動!

「Tab」 次の入力欄に移動
「Shift」+「Tab」 1つ前の入力欄に移動

webの入力フォーム(名前、住所、生年月日など・・)を入力する際、いちいちカーソルを動かして移動。これ、意外に手間なんですよね。

これが一瞬でできる魔法のキーが「Tab」キーです。

入力欄に入力を終え、「Tab」を押すとカーソルは次の入力欄に移動してくれます。

例え、間違えて一つ先に進んでしまった場合は「Shift」+「Tab」で一つ前の入力欄に戻れます。

ちなみに、メールの入力フォーム(宛先、件名、本文など・・)にも使用可能。

色んな所で活用が出来ます(^^♪

●まとめ

webの閲覧をする機会はパソコンを使う方なら多いと思います。

情報収集の効率を上げる上でも、今日ご紹介したショートカットキーはとっても時短になりますので、ご存知なかった方はぜひ試しに使ってみてください(*´ω`*)

ネットサーフィンの幅が広がります✨

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする