ストレージサービスの種類と同期方法

こんにちはmiiです(*’ω’*)

職場でも、プライベートでも、パソコンに入っている資料をパソコンを開いていない状態でも、誰かに送れたり自分で確認出来たりしたらとても便利じゃないですか?

いきなり、「この資料どうなってる??」「この資料送って!」

何てことにも、スマホとパソコンをうまく同期させられていればすぐに対処ができます。

どうしたらそんな事出来るかというと、オンラインストレージサービスを利用します。

私はDropboxの有料版とOneDrive、Google Driveの3つを使用しています。

他にもいろんな、無料で使えるストレージサービスがあるので、うまく活用してみるといいかと思います(^^♪

オンラインストレージサービスとは?

インターネット上でファイルを共有できるサービスです。

なので、そこにアップロードしておけば、パソコンの中に入れておかなくても、webさえ使えればファイルにアクセスできます。

つまり、オンラインでのみ使用すれば、パソコンの容量を減らさずにファイルを管理できる優れものなのです✨

パソコンのみでしか使えない物もありますが、やはり私はスマホでもアプリがあるものがいいかと思います。

今日は、その中でもメジャーなものをいくつかご紹介します。

メジャーな4つのオンラインストレージサービス

●Dropbox

定番中の定番。

結構使っていらっしゃる方が多いので、フォルダを共有する上ではこれが一番いいです。

対応:Windows・Mac・iPhone・Android・Linux

無料容量:初期2GB ファイルを入れっぱなしにしておくとすぐ同期できなくなる容量です。
仲間にデータを送る等をしたいだけで使う分には十分。
ただ、容量を無料で増やす方法はあります。

・招待1人につき500MB追加でもらえる

・Max20GB

アップロードファイルサイズ上限:10GB

ウェブサイト:https://www.dropbox.com/

●OneDrive

officeとの連携に最適。

無料容量が多い&Windowsのパソコンではマイクロソフトアカウントでログインすれば自動で同期してくれる。ただ、Androidアプリで同期されないバグが最近頻発。

そういうときはアプリをアンインストールして再度インストールすると直ります。

対応:Windows・Mac・iPhone・Android

無料容量:15GB(招待1人につき500MB追加)

アップロードファイルサイズ上限:10GB

ウェブサイト:https://onedrive.live.com/

●Google Drive

Gmailとの連携に有効

対応:Windows・Mac・iPhone・Android

無料容量:15GB(Gmailも含む)

アップロードファイルサイズ上限:5TB

●iCloud

アップルのストレージサービス。iPhone・Macの方は自然に使っていると思います。

ただ、androidには対応していないので私にとっては疎遠のストレージサービス。。

対応:Windows・Mac・iPhone

無料容量:5GB

ウェブサイト:https://www.icloud.com/

何かを共有していくとなったら私はDropbox、OneDriveあたりがおすすめです♪

ストレージサービスのファイル同期方法

①webでそのサイトにいってファイルをアップロード・ダウンロードする方法

②ストレージサービスをインストールしてPC上にフォルダを作成する方法

②のやり方は、わざわざインターネット上にアップロードしに行かなくても、ストレージサービスのフォルダに入れてしまえばWi-Fiがつながっている時に勝手に同期してくれるので便利です。

オフラインでもパソコン上の資料として作業ができます。

ただ、オフラインでファイルを作成した後に、Wi-Fiにつながずそのまま終了してしまうと、資料がストレージサービスに同期されず、作成したパソコン以外では見れない状態になってしまうので注意です。

終了する際は必ず同期された事を確認してから終了しましょう(´・ω・`)

複数のクラウドサービスを利用するのも一つの手段

「誰かとデータを共有したい」

「自分のPCと自分のスマホでデータを共有したい」

なんて場合はオンラインストレージサービスを利用すれば解決されます。

1つのストレージサービスしか使えないわけではないので、2つ、3つのストレージサービスを使用するのもありです。

それはめんどくさいという方は1つのストレージサービスの有料版を使うのもありかと思います。

私は共有したい相手が何を使っているのかによってだったので複数増えましたが、個人的に管理しているファイルや資料、プライベート的なものは全てドロップボックスを活用しています。

みなさんも自分に合ったストレージサービスを見つけて、使ってみてくださいね(^^♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする