松本明子の放送禁止用語事件がヤバイw奇行の数々をまとめてみたw【本音でハシゴ酒】

こんにちは♪miiです^^

11/9放送の『ダウンタウンなう 本音でハシゴ酒

には森尾由美さん&松本明子さんが登場^^

言わずと知れた80年代アイドルの2人が

一体何を語るのか?見ものですね(笑)

松本明子さんは過去の

「放送禁止用語事件」について語るそうですよw

今回はそんな松本明子さんの

奇行の数々をまとめてみたいと思います(笑)

では早速いってみましょー^^

スポンサードリンク

「放送禁止用語事件」とは?

今となってはネタとして色んなところで話していますが、

改めて振り返ってみましょう(笑)

時はさかのぼること1984年。

「鶴光のオールナイトニッポン」の

生放送記念番組でのことでした。

松本さんはテレビでは言ってはいけない

4文字を言ってしまったんですね。

1982年に視聴者参加型オーディション

「スター誕生」に合格し、

翌年ナベプロ入りを果たした松本さん。

アイドルだったんですが

なかなか売れずに「不作の83年組」という

レッテルを張られていました。

そんなとき、生放送番組で

笑福亭鶴光さんと片岡鶴太郎さんに

「ある4文字を叫べば一躍有名になれる」とあおられ

さらに、追い打ちで

「元カレの名前をばらされたくなければ」と言われ、

ついに大声で「おま」から始まる

4文字を叫んでしまったんですね。

※動画はコチラ

これが世にいう、

「放送禁止用語事件」です。(笑)

それにより警備員数名にスタジオからつまみ出され

結果的に2年間芸能界から干された形になりました。

これは松本さんが悪いというより

周りがあおった側が悪いですよねー(;´∀`)

なんとも年代を感じる、

映像の気持ち悪さがあります。。(;´∀`)

かなり前の出来事なのでもう時効ですかね(^^;

スポンサードリンク

なぜそんなことをしてしまった?

アイドルとしてデビューして

約1年くらいの時の話でした。

そんな松本さんがなぜこんなことをしてしまったのか?

過去しくじり先生で面白い理由を話していました。w

放送禁止用語を叫んだ理由は

「自己中心的であったから」と語っているのです。

自己中=KYという意味のようですね。

松本さんはこの行動を

「よかれと思ってやってしまった行動」と言っており

他人の為と行動したものの、

相手の気持ちがわからないで求められていることとズレる為

結果的に相手にとって大迷惑になる。

と松本さんは語っています。

こーゆうタイプは

なぜ相手が怒っているかわからないので

相手も怒り損で徐々に孤立する傾向があるそうです。

確かに思い返すと

自分の周りにもいるなぁ・・・

わかる。(笑)

「悪気がなく」「よかれとおもって」

が裏目にでちゃうんですよね(^^;

松本さんもまさか、

こんな大ごとになるとは

思ってもいなかったとのこと。

今となってはタレントとして成功しているのも

もしかしたらこの経験があったから?

とさえ思わせてくれる松本さん、

さすがですね(;´∀`)

松本明子の奇行の数々がヤバイw

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする