ときどの由来や年収を調査!家系が凄いが、彼女や結婚は?プロゲーマーのeSportsが熱い!【情熱大陸】

こんにちは♪miiです(*´ω`*)

8/12放送の『情熱大陸』に

東大出身のプロゲーマーときどさんが登場します!

「プロゲーマー」という

職業があるんですねー( ゚Д゚)

かなり海外からも

注目を集めている方らしいのですが

東京大学まで卒業していて

どーしてゲーマーになろうと思ったのか?

一体どんな方なのか?

色々と調べてみる事にしました!

では早速いってみましょー✨

スポンサードリンク

ときどwiki風プロフィールと簡単な経歴!

名前:ときど

本名:谷口一(たにぐち はじめ)

生年月日:1985年7月7日

年齢:33歳(2018年8月時点)

中学・高校:麻布学園

大学:東京大学

出身:神奈川県横浜市(沖縄県生まれ)

身長:

初めて触れたゲームは

ファミコンの「スーパーマリオ」。

小学生の頃に「ストⅡ(ストリートファイターⅡ)」

に出会い、のめりこんだと言います。

格闘技ゲームに没頭し、

勉強する時間以外は全てゲームに費やし、

ゲームセンターにも頻繁に通う日々。

ご褒美のゲームソフト欲しさに勉強し

名門中高一貫校に進学しました。

スゴイモチベーション^^;笑

当時からゲームの大会にも出場、

国内最強の1人とまで言われていた

というからスゴイですよね。

2002年に初めて開催された

「Evolution Championship Series(Evo)」に参加。

参加した日本人の中では最年少だったようですが

トーナメントで見事優勝し、

賞金1500ドル(約16万円)を手にするなど

スゴイ活躍を魅せています。

そして東京大学教養学部理科一類へ進学、

その後化学者を志し、

大学院に進んだときどさんですが

研究室での仕事はとても難しく、断念。

一時、趣味に時間が使えると

公務員に就職もかんがえたそうです。

しかし、そんな時に

日本で一番有名だったゲーマー

梅原大吾(通称ウメハラ)さんが

「プロのゲーマーになる!」と公言。

その話を聞いたときどさんは、

プロのゲーマーになる事を決意。

2010年に大学院を中退し、

プロゲーマーの道に進みはじめるんですね。

2011年にアメリカの大手周辺機器メーカー

「Mad Catz」とスポンサー契約を結び、

日本で3人目であるプロゲーマーになります。

2017年1月から

北米のプロeスポーツ団体「Echo Fox」に加入。

2017年EVOに出場。

2600人を超える参加者の頂点に立ち、

賞金3万5750ドル(約400万円)を手にし、

会場を沸かせました。

スポンサードリンク

なぜ”ときど”?由来は?

本名は「谷口一」なのに

なぜ「ときど」になったかというと、

中学の時に初めて参加したゲームの大会で

ジャンプキック(んでっく)

と闇払い(「うしたぁ!」とキャラが言う)という連続技しか使わず

それを見た友人から「もう”ときど”でよくない?」と言われた。

ってwikiペディア様が言ってました笑

ゲームのプレースタイルから

ついたもののようですね^^;

このゲームスタイルは、

とにかく勝ちにこだわるスタイル。

このプレースタイルでプロになりたての時は

”勝ち”にこだわり過ぎ、「強いけどつまらない」

「プレーが寒い」など、批判されることもあったそう。

そんなプレースタイルで、

日本では氷河期のように寒く、

派手さがなくてつまらないと、「アイスエイジ」

海外ではプレイ中の表情が

殺し屋に見えるとの事から

「Murder Face(マーダーフェイス)」・・・

なんてあだ名がつけられていました^^;

確かにコワイ笑

確かにスポーツと同じで、

見ている人が気持ちよく楽しめるプレーじゃないと

観客は応援してくれないです。

そんな批判もあり、

ときどさんのプレースタイルは変化。

今では強さはもちろんのこと、

観客を沸かせるプレーをみせ、

国内外、世界中のゲームファンから指示を集めています。

スポンサードリンク

eSportsが今熱い?アジア大会の種目にも?

”eスポーツ”とは何ぞや?

最近よく耳にするようになりましたよね。

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。」

と定められていて、

複数のプレイヤーで対戦されるゲームをスポーツ競技としてとらえ

”eスポーツ”と呼ばれるようです。

今や地球上で10億人が熱狂しているようで

なんと賞金総額26億円の大会も存在するとか!

やばいですね笑

一概に”eスポーツ”と言えども

ゲームの種類は様々です。

例えば、”ウィンイレ”という愛称で親しまれている

『ウイニングイレブン』(サッカーゲーム)

も認定されているようですね。

中でも、『League of Legends(リーグオブレジェンド)』という

PCアクションゲームはかなりの熱烈な人気を誇っています。

ときどさんはその中でも特に、

人気格闘技ゲーム「ストリートファイターV」で

現在世界ランキングトップを争うほどの人気ゲーマーです。

いい勝負をするために、身体を鍛えたりもするそうです。

一昔前の「ゲーマー」じゃ考えられないですね笑

ゲームとしてはゲーム大国と呼ばれる日本ですが

eスポーツの世界としてはかなり遅れていると言います。

ときどさんは自分の活躍で

日本の人たちにeスポーツの可能性に気付いてほしいと思い

世界で戦い続けているんですね♩

2018年8月にインドネシアで行われるアジア大会でも

eスポーツは正式種目になり、

日本人選手も出場するようです。

スポンサードリンク

ときどの家系がすごかった!父が全面応援!

ときどさんの家族は4人家族。

父親は日本最高峰の医科大学の一つ。

東京医科歯科大学の教授である谷川尚さん。

母親は同じく歯科医のユキコさん。

姉はあやさん。

これだけでも医者家系でスゴイのですが

母型の祖父が沖縄県の大企業

「金秀(かねひで)グループ」の創始者である

呉屋秀信さんなんだそうです。

建設土木、スーパー、ホームセンター

ガソリンスタンド、保険や携帯、健康食品

ホテルやゴルフ場などなど・・・

様々な事業を展開しているかなり大きなグループの

お孫さんのようです(笑)

父親が全面協力!!父なしに”ときど”は生まれなかった。

結婚や彼女はどう?

優勝賞金がスゴイ?年収は?

は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする