戦慄かなのが少年院に入った理由やビジネスと大学を調査してみた【アウトデラックス】

こんにちは^^miiです♪

10/18放送の『アウトデラックス』に

少年院アイドルの戦慄かなのさんが登場!

少年院・・・?!

一体なぜ?

今回はそんな戦慄さんについて

調査してみたいと思います!

では早速、

いってみましょー✨

↓戦慄かなのさんのプロフィールなどはコチラ↓

戦慄かなのの性格が最高w妹・頓知気さきながかわいい!

スポンサードリンク

ネグレクト・いじめ・少年院?壮絶な過去

https://twitter.com

戦慄かなのさんは、

現在、少年院アイドルとして

注目されています。

2017年にアイドルデビューをして

現在まで活動しているんですね。

そして現在は大学在学中ながら

自分で育児放棄や児童虐待に関するwebサイト

「bae -ベイ-」を立ち上げ

活動をしています。

そんな戦慄さんの壮絶な過去・・・

母親のネグレクトと悲惨ないじめ

戦慄さんは、両親の離婚があり、

その後妹と3人で暮らし始めた小学生の時に激変したそうです。

戦慄さんの母親は、一人で娘二人と育てはじめたころ

いわゆるネグレクト(育児放棄)になりました。

育児よりも自分を優先させ、

一週間も幼い二人を置いて家を空けることも。

空腹を水で紛らわせるしかないこともあったそうです。

気に入らないことがあると暴力を振るわれる

歯磨き、お風呂、服の着替えなども

教わることなく完全放置。

小学4年生くらいまでこんな生活を続けていて、

髪もぼさぼさ、歯も磨かず、

毎日同じ服を着ていたので学校ではいじめられました。

そのいじめは中学3年生まで続き、

中学2年生の時に自殺を図ったり、

自律神経失調症とパニック障害を障害にもなったそうです。

スポンサードリンク

非行に走り少年院へ

高校に入り、

「居場所」「お金」に飢えていた戦慄さんは、

新宿で道を踏み外した、同年代の”仲間”ができました。

母の元から離れるにはお金が必要、

さらに、学校でも家でも居場所がなかったので

その非行仲間が自分を必要としてくれていると感じ

彼女の「居場所」になったようです。

非行はどんどん激しくなり、

”JKビジネス”をはじめ、犯罪行為に走り、

ついに事件を起こして警察に逮捕されることに。

女子少年院に入り1年8か月。

そこでの生活が戦慄さんの心を救ったんですね。

入所当初はかなり反抗していて、

問題児だったそうです。

少年院の場合は早ければ1年で

出ていけるようなのですが、

戦慄さんの1年8か月が物語っていますよね(^^;

あまりに長くいるので「長老」

って呼ばれていたそうですよ(笑)

でも、そこでは

どんなに荒くれた自分にも

とことん見放さず向き合ってくれる

叱り、愛情をくれる先生がいました。

そこで初めて、”母親のような愛情”を

感じたといいます。

少年院で高卒認定試験を受け、

2016年に退院した後は、

薬局の事務員として働き始めるも、

ある時、地下アイドルを見て

「アイドルになろう」と思ったそうです。

そんな中、妹とTwitterにUPしたダンス動画が

関係者の目に留まり、芸能活動を開始する流れになりました。

そんな過去があるからか

戦慄さんのツイッターは何か悟りがあるような

受け答えがちょいちょいあります。

なんだか引き込まれる魅力がある人だなーと思いますね。

スポンサードリンク

通っている大学はどこ?

戦慄さんが通っている大学はどこだろうか・・?

と調べてみたところ、

誰もが知る「都内の有名私立大学」

というところはわかっています。

しかし、さすがにかなりたくさんの

大学があるので、この先の情報はわかりませんでした(;´∀`)

ギブアップ・・・

ゴメンナサイ。。

現在法学部に通っているとのことですが

将来の志として、自分と同じ境遇の子を救うような

活動をしたいと、考え、その駆け出しとして

baeを立ち上げの活動をしています。

スゴイ事ですよね。本当に、感心。

少年院に入った理由は何だったのか?JKビジネスとは?

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする