横山だいすけのうたのお兄さん卒業後の年収がヤバイ?彼女事情や病気って?【今くら】

こんにちは^^miiです♪

10/17放送の『今夜くらべてみました』に

だいすけお兄さんこと横山だいすけさんが登場✨

パパママ女子会を開催するそうです^^

パパママ女子会って!!!

あれ?だいすけお兄さん結婚してったっけ??

なんてところから始まり。。

だいすけお兄さんのことが気になったので

今回はだいすけお兄さんこと

横山だいすけさんについて調査してみたいと思います♪

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

だいすけお兄さんwiki風プロフィール

名前:横山だいすけ

本名:横山大介(よこやま だいすけ)

生年月日:1983年5月29日

年齢:35歳(2018年10月時点)

血液型:O型

身長:171㎝

大学:国立音楽大学声楽学科

出身:千葉県千葉市緑区おゆみ野

事務所:㈱ケン企画(研音グループ業務提携)

NHK『おかあさんといっしょ』の

11代目うたのお兄さんとして

2008年3月31日~2017年4月1日まで

9年間活躍されていましたね^^

この”9年間”って歴代うたのお兄さんの中では

一番の最長記録のようですね!

そんなだいすけお兄さんですが

どんな経歴をたどっているのかを簡単に

みてみたいとおもいます^^

2006年に大学を卒業後に劇団四季に入団し、

舞台ライオンキングなどに出演していました。

高校の時から「うたのお兄さん」に

なることに憧れていた横山さんは、

「うたのお兄さん」になるために

日々努力をしていたそうです。

劇団四季に所属し他のも

当時の「うたのお兄さん」が劇団四季に所属していた

ということを聞いたためなんだとか(笑)

スゴイですよね(笑)

劇団四季に所属したのも

”うたのお兄さんになるための手段”だった横山さんは

劇団四季に所属しながらも、定期的にNHKに

オーディションの有無を確認していたそうです。

しかし、実際オーディションを受けるタイミングの年には

たまたま問い合わせをしておらず

人づてにオーディションがあることを知り

たまたま1次オーディションの追加募集が

出たタイミングに間に合い、

ギリギリエントリーすることができたといいます(^^;

良かったですね(^^;

おかあさんといっしょ卒業後は

ミュージカル『魔女の宅急便』に出演したり

俳優としての活動を開始、

タレントや歌手としての活動や、

子供向けイベントツアー

『だいすけお兄さんの世界(名)迷作劇場』を

立ち上げ、全国各地を回ったりしているようです^^

スポンサードリンク

病気って何?

横山さんを調べていくと「病気」の文字。

え、なんかあったの?と気になったので捜査していると、

2018年3月にブログで「結膜下出血」という

病気になったとのことでした。

聞きなれない文字を見間違え

え!!!!くも膜下出血?!!!!( ゚Д゚)

となりましたが、

違います。

結膜下出血です。

どうやら結膜の小さい血管が破れ

出血し、白目部分がべったりと赤くなるようです。

調べてみると、

そんな大変なものではないようでした!

実際くも膜下出血と見間違えて焦りましたが

良かったー(;´∀`)(?)と一安心(笑)

3月の出来事なので

すでに治っているようですね^^

スポンサードリンク

NHKは恋愛禁止?

かなりの人気を誇っていた”だいすけお兄さん”。

卒業をした時には子供たちはもちろんのこと

子供の母親も「だいすけロス」が起こったといいます。

スゴイ人気でしたもんね(・・;)

そんなだいすけお兄さんには

結婚していて子供がいるのでは?

という噂があったようですが、

結論から言うと、

子供はもちろん、結婚もしておらず

現在独身のようです^^

これにはどうやら

NHKの歌のお兄さん、お姉さんには

厳しい制約があったようです(・・;)

https://twitter.com

・恋愛禁止

・海外旅行禁止

・スキー禁止

・車の運転禁止

・NHK以外の他番組出演禁止

・立ち食い禁止

・ななめ横断禁止

・歌舞伎町を歩くこと禁止

・派手なネイル禁止

・・・・などなど。

歌舞伎町・・・(笑)

見るだけでかなり厳しい・・・

でも「子供が観る番組」と考えたら

しょうがないのかもしれないですね(^^;

恋愛禁止に関しては、プロデューサーさんには

「恋愛はうまくやってね」と言われていたようで

完全なる”恋愛禁止”ではないようです(笑)

だいすけお兄さんの恋愛事情は??

うたのお兄さん卒業後の年収がヤバイ?

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする