河原尚子の作品がすごい!器デザイナーの年収やwiki経歴は?通販や店の場所!【セブンルール】

こんにちは♪miiです^^

10/9放送の『セブンルール』には

器デザイナー河原尚子さんが登場!

河原さんは京都老舗窯元の実家を出て

自らのブランドを立ち上げた方で、

国内外からもかなり注目を浴びているようです。

一体どんなセブンルールが

あるのでしょうか?

作品も気になりますね^^

今回はそんな河原さんについて

調査してみたいと思います!

では早速!

いってみましょー✨

河原尚子さんの家族については

↓コチラをご覧ください♪↓

河原尚子(器デザイナー)の実家の家族がそっくりすぎる件w夫との馴れ初めと子供!

スポンサードリンク

河原尚子wiki風プロフィール

https://www.facebook.com

名前:河原尚子(かわはら なおこ)

生年月日:1980年1月9日

年齢:38歳(2018年10月時点)

出身:京都

河原さんの実家「真葛焼(まくずやき)」

江戸時代から6代、330年も続く

京都の茶陶の窯元なんですね。

そんな伝統のある家に生まれた河原さんは

幼い頃から家は兄が継ぐものだと決められていて

箱入り娘として育てられたそうです。

外に働きにでるのは止められ

家事手伝いをするように言われた河原さんは

それに反発し髪を黄緑色に染めたこともあったとか(^^;

しかし、ある知人の言葉に影響を受け

河原さんは、2003年から有田焼産地の作家の元で修行をし

陶板画作家として活動をスタート。

その後

ウェブデザインの会社に勤務し、

グラフィックデザイナーとして

平面の構成やイラスト作成などを経験しながら

使う人のことを考慮したモノづくりを

学びました。

その経験を元に、2009年10月

Springshow Co. Ltd.を設立

陶磁器ブランド「SIONE(シオネ)」を立ち上げます。

現在は

陶板画制作、陶磁器デザイン、プロデュースなどを

やっており、”器デザイナー”として活動しています。

一体どんな作品を手掛けているのか?

SIONEのショップはあるのか?

調べてみました♪

スポンサードリンク

作品がすごい!SIONEのショップや通販!

View this post on Instagram

茶会 重慶 tea ceremony in Chongqing (2014) #茶会 #showkokawahara #河原尚子 #重慶 #teaceremony #pottery #ceramic #ceramics #teabowls #色絵

河原尚子 / SHOWKO kawaharaさん(@showkokawahara)がシェアした投稿 –

「読む器」をコンセプトにした河原さんのデザインは

それぞれのデザインにストーリーがあり

国内外から注目を集めているんですね。

そんな河原さんの作品がコチラ!

「桜の時」玉露急須 茶碗

https://www.instagram.com

桃図ストライプ平丸碗

https://www.instagram.com

ものがたりのある襖の引き手

https://www.instagram.com

亀と蝶の聖杯

https://www.instagram.com

色絵 抹茶碗 

https://www.instagram.com

それぞれの器にストーリーが込められているんですね

成形は、職人さんに任せていて、

絵付けだけを河原さんがやっているようです。

店舗案内&オンラインショップ!金額は?

年収を調査!

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする