前田尚毅(まえだなおき)wiki経歴と家族を調査!サスエ前田魚店の場所や評判は?

こんにちは♪miiです✨

7/22放送の『情熱大陸』で

サスエ前田魚店、5代目店主の前田尚毅さんが特集されます♩

前田さんの腕にかかれば魚が劇的に旨くなると言われるほどの

目利きのすごさと独自の技術を持ち合わせた

魚のプロと呼ばれる前田さん。

一体何がスゴイと呼ばれる理由なのでしょうか?

今日はそんな前田さんのお店や

どんな経歴の持ち主なのかを調査してみたいと思います♩

スポンサードリンク

前田尚毅wiki風プロフィール

名前:前田尚毅(まえだ なおき)

生年月日:1974年

年齢:43歳(2018年7月時点)

出身:静岡県焼津市

高校:静岡県立焼津水産高等学校

前田さんは今年44歳になる歳のようですね(^^♪

サスエ前田魚店は創業60年の老舗なんだそうで

そこの息子として育った前田さん。

小さい頃は、ぐずる前田少年に

母親がエビやイカを与えて、ぐずりを抑えていたり

小学生の頃は港で魚の水揚げをみてから学校へ行くなど

幼いころから魚のいる環境で育ちました。

おじいちゃんからは

どんな魚がおいしいのかや

魚のさばき方をおしえてもらったり

高校時代は魚のセリの記録係をやったり

趣味も魚を食べる事というほど

ずーっと魚に関わって生きて来たんですね。

しかも4代もつづく老舗の息子。

魚のサラブレッドと言ってもいい気がします(*´ω`*)

そして高校は静岡県立焼津水産高等学校に進学、

魚に関係する知識をここでさらに学び、

卒業後本格的に仕事をスタートします。

前田さんの技術は名だたる名店から認められていて

ミシュラン三ツ星「鮨よしたけ」、

The World’s 50 Best Restaurants 2018年に17位の「傳」や、

2013年ボキューズ・ドールで

世界3位の浜田統之さんが料理長の「星のや東京」など

国内外の一流飲食店に魚を納めています。

スポンサードリンク

前田さんは一体何がすごいのか?

前田さんがスゴイと言われる理由は

どうやら前田さんにしかできないと言われる

魚コントロール術というものがあるそうです。

目利きのすごさはもちろんのこと

魚種や魚身体の大きさ、乗っている脂の量によって

締め方を変えたり、

輸送時間や、荷を積みこむ際の向きまで

徹底的に魚に対するこだわり。

更には「変化球」と言われるテクニックがスゴイらしく

違う魚を似た魚の食感に似せる為にする作業のようで

3枚に下ろし、塩をうち、板にのせ、

その坂を斜めに立てかけて魚から自然と水が流れ落ちるのを

待つという方法なんだそうです。

試行錯誤した中でたどり着いた技法のようで

微妙なさじ加減が難しいらしく

前田さんじゃないとできない

非常に難しいテクニックなんだと言われます。

この

「鮮度」、「温度管理」

「食感とうまみを引き出す前田の技」

の三拍子が完璧にそろって初めて完成する

『脳に刺さる旨さ』を追及しているんですね。

ある老舗天ぷら屋さんでは

お店の魚は前田さんの所のしか、つかわないと言います。

それほどの違いが存在するんですね。

他の魚屋との違いは

お店でどんな風に出したいかを理解しながら出荷してくれたり

魚に対しての技術を指導したりと

飲食店側と二人三脚でやっているところのようです。

サスエ前田魚店の場所や評判は?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする