ヨシタケシンスケ(絵本作家)の印税がヤバイ?経歴や絵本の内容は?【情熱大陸】

こんにちは^^miiです♪

10/21放送の『情熱大陸』は

絵本作家ヨシタケシンスケさんが出演されます♪

”児童書業界をけん引する存在”で

大人の心に染み込む魔法の絵本と言われています^^

一体どんな人なのか?

今回はヨシタケさんについて

調査してみたいと思います♪

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

ヨシタケシンスケwiki風プロフィール

https://www.mbs.jp

名前:ヨシタケシンスケ

本名:吉竹伸介

生年月日:1973年

年齢:45歳(2018年)

身長:181㎝

出身:神奈川県茅ヶ崎市

学歴:筑波大学院芸術研究科総合造形コース

現在、絵本作家とイラストレーターとして

活躍をしているヨシタケさん。

サラリーマン生活を経て

昼間は広告美術やコマ撮りアニメの人形製作

夜はイラストレーターとして

イラストを描く仕事を14年間続けていました。

イラストレーターとして活動をしていた30代は

泣かず飛ばず。

そんな時、40歳で

自らの子育ての経験を通じ描いた

『りんごかもしれない』で

絵本作家デビュー♪

デビュー作が超ベストセラーとなり、

第6回MOE絵本屋さん大賞では1位を獲得し

第61回産経児童出版文化賞美術賞を受賞。

他の著書でも受賞をされています。

ちょっぴりおかしな発想と

癒し感たっぷりの絵が人気の絵本作家さんです^^

スポンサードリンク

イラストがかわいい!発想(妄想)絵本?

 ヨシタケさんの絵本の特徴は、

書き手が「伝えたいものはこうだ」と書いているのではなく、

受け手が好きなように解釈できる絵本なんですね^^

『りんごかもしれない』は

男の子が想像・妄想したことを絵本にしています。

教育や育児に関しては考え方は本当に人それぞれ。

なので、”断定”させるのではなく、

どうにでも”解釈”ができるようになっているんですね^^

「絵の奥行きや抒情などでは勝負出来ない分、

新しいものの見方の提案とか、人が言いにくいことを言ってみるとか、

付加価値を付けないといけないと思ったんです」

引用:https://www.mbs.jp

この言葉を裏付けるように、

ヨシタケさんの絵本にはこんな記事が。

引用:ヨチヨチ父-とまどう日々-

率直な感想・・・(笑)

やはり男性ってこうなのかなとも思えるけどw

一部ではこの表現から

「出産で引くなら子供作るな」など

炎上騒動もあったようです。

でも世のパパは言わないだけで、

思っている人はいるでしょうね。(;´∀`)

そんな出産時にショックを受けた息子たちは

現在かなり大きくなっていますw

https://www.mbs.jp

長男は11歳のようですね♪

奥さんはぐいぐいと話を進めてくれるタイプのようで

交際中の頃から「同棲するから」といわれ同棲し

「同棲しているんだから結婚するでしょ」と言われ結婚に至る

という、なんともしっかりした奥様のようです(笑)

スポンサードリンク

年収や印税がヤバイんじゃ?

これだけ大人気の絵本作家さんですから

印税が気になりますよね~✨

ヨシタケさんの絵本発行部数は

2017年1月時点で4作品の累計104万部

一冊がだいたい1300円~1500円ほどで

印税は本の価格の10%と考えると・・・

1億はコエル( ゚Д゚)!!

印税ってすごい~(;´∀`)

もちろんそこから多額の税金などがかかるのですが

それでもスゴイ額が残りますよね。

ヨシタケさんの場合は、

絵本だけではなく、イラストレーターや

他にも活動をしているので、

印税以外にも収入源があります。

すごいな~

まとめ

さて、今回はヨシタケさんについて

調査してみましした♪

見た目と”絵本作家”という職業に

ギャップを感じますね(笑)

それがステキ✨w

何より絵が好きだな~^^

これからもいろんなところでヨシタケさんのイラストを

見ると思いますね^^

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする