新谷梨恵子wiki経歴!さつまいも婚をした旦那と子供と店の場所と評判は?【マツコの知らない世界】

こんにちはmiiです^^

10/23放送の『マツコの知らない世界』で

サツマイモの世界を紹介してくれるのは

新谷梨恵子さん!

とにかくさつまいもを愛してやまない人の

ようですが一体どんな人物なのでしょうか?

今回は新谷さんについて

調査してみたいと思います♪

では早速!

行ってみましょー✨

【関連記事】同回出演

山口樹美・俊介夫婦は何者?wiki経歴や職業は?ハムスター好きのギャップがすごいw

スポンサードリンク

新谷梨恵子wiki風プロフィール

名前:新谷梨恵子(あらや りえこ)

生年月日:1977年

年齢:42歳(2018年)

血液型:B型

高校:東京都立小松川高等学校

大学:東京農業大学

出身:東京都江戸川区

新潟県小千谷市に在住し、

「農プロデュース リッツ」の代表を務め

「さつまいも農カフェきらら」を運営している

新谷さん。

農産物販売や農イベントプロデュース

農キッチンなどをやっていて、

農業(さつまいも)を元に町おこしをしていこうと

奮闘している方です。

「さつまいもを愛し

さつまいもと共に生きる人生」

という新谷さんは、

まさに”サツマイモに人生をかけた女”

と呼ばれています(笑)

新谷さんとサツマイモの出会いは

高校1年生の時。

15歳の時に焼き芋やさんに出会い、

「サツマイモってなんてかわいいんだろう」

と感じたことがきっかけなんだそうです(笑)

そして、この時から

”さつまいもを使った町おこし”

を志すようになったんですね。

そのため、15歳にして夢は

農家の嫁になることだったそうです。w

15歳でそこまでのめりこめるってすごいですよね(笑)

1996年に高校を卒業し、

東京農大へ進み、

2000年に大学を卒業。

その後結婚を機に新潟県に移住し、

「農園ビギン」に就職しました。

そこでさつまいもプリンを開発。

このさつまいもプリンは

かなりの人気になり、

表参道にも販路を拡大したほどだったんだとか!

農園ビギン専務取締役を経て

2015年に独立。

新潟県初となる6時産業化プロデューサーとして

「農プロデュース リッツ」を創業し

「さつまいも農カフェ きらら」をopenさせ、

現在に至るんですね。

何よりも注目を集めているのは

「サツマイモ洗脳ブログ」と呼ばれる

新谷さんのさつまいも愛にあふれた

ブログですw

「サツマイモ」「愛」や

「サツマイモ」「洗脳」と検索すると

出てくる新谷さんのブログw

新潟中越地震をキッカケに

さつまいもの趣味を

本気の町おこしにしようと

覚悟を決めたそうで

そこからずーっと書き続けているんですね。

それがきっかけで新聞などのメディアに

取り上げられるようになったようです。

継続は力ですね(笑)

そんなサツマイモをこよなく愛する新谷さんの

『さつまいも農カフェきらら』の

場所や評判を調査してたいと思います^^

スポンサードリンク

さつまいも農カフェきららの場所や評判

さつまいも農カフェきらら

住所:新潟県小千谷市桜町2495-1

電話:050-3467-4385

定休日などは月によって違う(?)ようなので

ブログか電話で確認してからをおすすめします。

10月の営業時間は

10時半~18時

水、木定休日のようです♪(※祝日は営業)

マツコの知らない世界でも

様々なさつまいもを紹介してくれるようですが

新谷さんのお店に行くと、

そんなサツマイモたちを使った料理が食べれるようです^^

サツマイモソフト

https://www.instagram.com

コーンの部分がなんとサツマイモ!!

サツマイモ食べ比べプレート

https://www.instagram.com

飲むスウィートポテト

https://www.instagram.com

もちろんスウィーツだけではなく

ランチなどもあるようですね^^

ご飯は白米、玄米、古代米から選べるようです。

https://www.instagram.com

私が気になったのはコレ。

スウィートポテト♡

絶対おいしいやつ~(´∀`)✨

https://r.gnavi.co.jp

評判はどうなの?

さつまいも婚をした旦那と子供は?

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする