片岡恭子の運び屋の年収は?キッカケや経歴がスゴイw結婚はしてる?【アウトデラックス】

こんにちは♪miiです(^^♪

 

8/16放送の『アウト×デラックス』に

何度も死にそうになっている運び屋として

片岡恭子さんが出演!

 

結構ぶっ飛んでいる方でした笑

 

そもそも「運び屋」=やばい仕事。

としか思えない私。笑

 

一体どんな方なのか?

調査してみたいと思います笑

 

では早速いってみましょー✨

スポンサードリンク

片岡恭子wiki風プロフィール

名前:片岡恭子(かたおか きょうこ)

生年月日:1968年

年齢:今年50歳(2018年)

血液型:O型

高校:滋賀県立石川高校

大学:同志社大学/文学部/社会学科新聞学専攻

大学院:同志社大学大学院/文学研究科博士課程修了

出身:京都府京都市

居住:東京都新宿区

 

フリーライター、

プロのバックパッカーとして、

運び屋(ハンドキャリー)をやられている片岡さん。

 

スペイン、中南米、フィリピンは

「地球の歩き方」で担当していた為

めちゃくちゃ詳しいんですって(*´ω`*)

 

そんな片岡さんの経歴をざっくり見てみましょう♪

 

1987年に高校卒業

 

1992年大学卒業

 

1995年大学院卒業

 

とされていて、

 

大学院卒業後は同大学の

図書館司書として勤めていたそうです。

 

その後はスペインのコンプルテンセ大学に

スペイン語を学びに留学。

 

これが1998年、30歳の頃。

 

留学後は、1人で

中南米を3年ほど放浪していたようですね。

スポンサードリンク

バックパッカーになったキッカケ

イスラーム地区 カイロ・エジプト(Islamic Cairo, Egypt)24/JAN/2018

Kyoko Kataokaさん(@kiokitok)がシェアした投稿 -

どうやら、中南米一人旅がキッカケで、

今の生き方にたどりついたようです。

 

片岡さんにとって一人旅を始めたキッカケは

日本でのあれこれの生活に疲れ果てた逃避行動で、

 

「10年付き合っていた彼氏を別れた事」や、

「親との衝突」が、

海外へ旅にでた動機なんだそうです。

 

なかなか、そうはなっても

突然外に出るには勇気がいりますよね^^;

 

でも、どうやら、どうせ死ぬくらいなら

好きなところ行こう!

と半ばヤケで日本を飛び出したそうです笑

 

死ぬ気になればなんでもできるって

こーゆう事ですね笑

 

一人旅で手に入れたものは自信。

自分への信頼感を得たんだそうです。

 

「死んでもいいくらいのつもりで行ってるから

めちゃくちゃやってます。」

と語る片岡さん。

 

本当にその通りで

1人旅の時はかなり色々あったようです笑(;´∀`)

 

アルゼンチンのパタゴニアの山中では遭難。

スペインでは盗難。

アマゾンでは強烈な食中毒に襲われ

ボリビアでは暴動に巻き込まれ

耳にカニが入って死にそうになったことも・・・?

 

カニ?!(;´∀`)

 

更にはベネズエラで不法労働・・・笑

 

不法労働・・・(;´∀`)!!!???ww

覚悟決まりすぎww

 

って思ったのですが、

これはどうやら拘束された事で

不法労働になったようです^^;

 

しかしそんな中、

ベネズエラの民放テレビ番組をコーディネート

したり、しているので・・・・

 

とにかく

めちゃくちゃですね笑

 

そして日本に帰国。

NHKラジオ番組に

カリスマバックパッカーとして出演したり

旅行誌に連載など、

 

「バックパッカーライター」として

活動されているんだそうです。

 

2017年には歴訪50か国、

年間で40回は海外に訪問するなど

スゴイアクティブ。

 

その理由は、

もちろんバックパッカーとしての活動もですが

運び屋こと、ハンドキャリーの仕事もあるようです。

 

片岡さんのインスタやFacebook、

twitterなどは海外の写真がいっぱい♪

なんだか一緒に行った気分になれますww

 

こんな刺激的な日々を過ごすおかげで

生きがいをみつけたという片岡さん。

 

一番怖いものは

「退屈」ですって笑

 

かっちょええ・・・(;´∀`)

 

運び屋の仕事って?年収はどれくらい?

片岡さんは結婚している?

は次のページへ!

運び屋の仕事って?年収はどれくらい?

「運び屋」って聞くと、

なんだか黒いお仕事のイメージだったんですが

白いお仕事もあったんですね笑

 

片岡さんが運んでいるものは

企業からの依頼で品物を運ぶ

「ハンドキャリー」というお仕事。

 

この仕事は2007年頃から始めたようで、

キッカケは、友人の紹介。

 

どんなお仕事かというと

企業が急に必要になったものを

登録している人に依頼が来る。

という仕事。

 

当日の10時に電話が来て

「18時に成田で!」

ということもあると言います^^;

 

やば^^;

 

香港に日帰りで行ったり、

中国やメキシコ、様々な国へ

企業からの荷物を運んでいるそうです。

 

でも一概に安全とは言い切れず

 

やはり、ハンドキャリーの仕事をされている方の中には

知らないうちに”黒い物”を運ばされていて

海外で死刑判決を受けた方もいるんだとか(;゚Д゚)

 

恐いですね・・・(;´∀`)

 

調べてみると、

「ハンドキャリー」というお仕事は最近注目があるようで

「副業」としても取り上げられているようですね。

 

海外への書類運搬の相場例だと、

韓国や中国で15000円~2万円。

アメリカやヨーロッパだと4万円~5万円。

もちろん経費は企業持ち

 

というお仕事のようです。

いいですね!!(;´∀`)

 

もちろん語学力や

「大切な荷物をなくさない」

という事が大切にはなります。

 

なくしたなんてなったら

とんでもない倍賞額になりそうなので、

信用できる人にしか依頼しないでしょうね^^;

 

片岡さんの場合、

海外旅行全てがこの運び屋ばかりではないと思いますが、

仮に年間40の内、35がこの運び屋の仕事だったとして、

仮に、報酬万で計算してみましょう。

 

すると年間運び屋だけで

140万円の稼ぎ。

 

さらに、片岡さんの場合は

イベントやライターとしての活動、

書籍の印税などもあるとして、

 

ざっくり400万以上にはなるのではないかな?

と思いますね(^^♪

 

【追記】

アウトデラックスで報酬の事に軽く触れていましたが

片岡さん曰く、

「コンビニでバイトしたほうが効率がいい」

との事笑

 

理由は、

時間の拘束が激しいし予定が入れられないw

金額もそこそこ?

と言ってます。

 

登録する企業によるのでしょうかね??

 

一番いいのは

マイルの溜まり方が半端な意という事。

 

現在3枚のマイルカードがあるようですが

23万マイル、60万マイル、100万マイル

と合計200万近いマイルがたまっているんだとか^^;

 

100万マイルってどれくらいか

イメージがわかなかったのですが

国内旅行100往復ただ乗りできるイメージなんですって(;゚Д゚)

 

半端ない笑

一生使いきらないでしょうね^^;

スポンサードリンク

片岡さんは結婚している?


これだけ海外を飛び回っているし

更に、「死んでもいいと思って行動」

と言っていたり、

 

「人と海外に行くのはめんどくさい」

と言っているあたりから

 

独身なのでは?

とは思っていましたが

 

・・・現在独身のようです。

やはり・・・笑

 

「旅に出ていなかったら、

今頃フツーに主婦をやっていたと思う」

 

と語ってはいますが

結婚より、この枠にはまらない生き方で

自分を貫く片岡さんの方がカッコイイですね笑

 

結婚はされていなくても、

彼氏さんはいらっしゃるかも?

 

やはり外国の方なのかなー??

気になる所です笑

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

ハンドキャリー、

聞きなれない職業ですがスゴイ仕事です笑

 

今後も変なトラブルに巻き込まれないように

活躍してほしいところ!!

 

アウトデラックスではどんなトークが聞けるのか楽しみです♩

 

最後までお付き合いいただき有難うございました♩

おすすめの記事