長瀧矢永子wiki経歴と高校大学は?ジェットスターパイロットの年収を調査!【セブンルール】

こんにちは♪miiです^^

 

12/11放送の『セブンルール』では

新人女性パイロット長瀧矢永子さんに密着!

 

2018年7月に、

ジェットスター・ジャパンでは初の

女性パイロットとして活躍する彼女。

 

一体どんな女性なのでしょうか?

 

今回はそんな長瀧さんについて

調査していきたいと思います♪

 

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

長瀧矢永子wiki風プロフィール

https://www.ktv.jp

名前:長瀧矢永子(ながたき やえこ)

生年月日:1993年

年齢:24歳(2018年12月時点)

大学:桜美林大学パイロット養成コース

出身:大阪府大阪狭山市

 

長瀧さんは

格安航空会社ジェットスター初の

女性パイロットになられた方ですね^^

 

ジェットスターの、

自社パイロット養成プログラムの第1期生として

入社後、訓練生として約1年かけて訓練を積み、

ようやく今年副操縦士としてデビューをしました。

 

毎日新聞の取材ではこう語っています。

「飛行機に乗れば男性も女性も関係なく、

1人のパイロットとして乗務することになり、必ず安全に下ろす選択しかない。

何があっても最後までやりきることを自身のモットーにしている」

引用:https://mainichi.jp

かっこいい!!

 

このプログラムの1期生には

長瀧さんを含めて4人の同期がいます。。

https://mainichi.jp

https://www.aviationwire.jp

全員副操縦士に昇格し、

現在パイロットとして業務に取り組んでいるようです。

 

パイロットには半年に1回の

ライセンス維持の審査が義務付けられていて

 

フライトの技術、知識を問う試験や、

身体検査をパスしなければ

乗務を続けることはできないんだそう。

 

厳しい世界ですね(・・;)

 

なのでパイロットをやり続ける限り、

一生勉強と隣り合わせ。

 

努力は欠かさない日々を過ごしているんだとか。

 

そんな女性パイロットの長瀧さん。

どんな経歴なのか見てみましょう♪

スポンサードリンク

経歴や大学!出身高校はどこ?

https://www.ktv.jp

長瀧さんは

幼少期からスポーツ万能少女で、

 

小学生の時には水泳で

「全国JOCジュニアオリンピックカップ」

に出場するほどの運動神経の持ち主だったそうです。

 

将来を期待される有望選手だったのですが

なかなか上位になれず悩んでいた小学生の時。

 

若手パイロットの活躍を描いた

人気ドラマを見たことがきっかけで

パイロットに憧れを抱くようになります。

 

その憧れは目標へと変わり、

本格的にパイロットを志すようになったという長瀧さん。

 

高校時代の情報は全くなかったので

出身高校などは不明ですが、

 

大学は、2013年に

桜美林大学のパイロット養成コース

進学しています。

 

2000万円を上回る授業料と訓練費を

奨学金でどうにか工面し、

卒業をされたようです。

 

2000万円って・・・半端ない(;´∀`)

 

そして、2017年4月、

ジェットスタージャパンにパイロットとして

入社、採用されたんですね。

 

乗客の命を預かる大きな重圧を抱えながら

乗客を目的地まで運ぶのがパイロットの仕事。

 

当然採用されたことがゴールではなく、

入社から1年半は地上勤務や

過酷な訓練生活をされていました。

 

副操縦士となった今も、

飛行経路の天功や滑走路や機体の状況など、

数百項目に上る確認事項を頭に叩き込む毎日。

 

パイロットの世界は、

ドラマや映画の世界の影響もあり

華やかな世界だとなんとなく思っていたのですが、

 

現実は厳しい世界で

パイロットとして仕事をする以上

一生試練が付きまとうんですね。

 

でも、幼いころから見上げてきた空が

目の前に広がる喜びってスゴイだろうなぁ^^

 

この経歴を見る限り

奨学金であったり、厳しい訓練

現在も勉強を続けていることから

かなりの努力家であることがわかりますね。



おすすめの記事