仕事を頑張りすぎて3度のキャパオーバー

キャパオーバーその①

「実家の高知から韓国までの570kmを走りなさい」

これは『うたばん』(1996〜2010年 ※石橋貴明と中居正広が司会の音楽番組)の仕事で、これを走らないとCDが出せなかったという条件付きだった。

引用:https://dogatch.jp

マラソン中、13日目を迎えたころにはにメンタルが崩壊、

ファンの声援すら苦痛になるほど・・・

無事CDは発売できたそうですが「NGなしでなんでもやる崖っぷち歌手」と

思われるように。

 

キャパオーバーその②

「ドミノを1人で6万個並べなさい」

6日間に渡り5万4600個のドミノを並べ切り、個人のドミノ倒しの当時日本記録を達成。

引用:https://dogatch.jp

3日間かけて完成間近で一瞬で崩れるドミノを前に

あまりのショックでパニック状態へ。

歯はカチカチ・・全身震え・・・完全なる恐怖映像。。。

 

キャパオーバーその③

過酷なダイエットとリバウンドを繰り返す

カレーライスの女で裸エプロンが話題になり、グラビアなどの露出が求められる仕事も増え、見た目を磨くために過激なダイエットを開始。

1ヵ月でマイナス10キロになると、事務所から今度は「食べなさい!」と言われ、すぐにリバンドしてプラス10キロに。

それをダイエット・リバウンドを何度も繰り返し、ダイエットの為にジム通いしていたこともあり、筋肉女になっていた。

引用:https://dogatch.jp

この過酷なダイエットが原因で、インタビュー中に過呼吸になり

病院へ搬送される事態へ・・・。

 

ソニン先生の教訓

「耐えることは大事で必要な事ですが、耐えること自体が目的になってはいけない。

大事なのは耐えて、“その先に何をしたいのか”なんです」

引用:https://dogatch.jp

意見を一切言わなかった自分にも非があり、

結果、よかれと思って言われていた指示が

過剰にエスカレートしていったと当時を振り返っていました。

スポンサードリンク

人生を変えた大竹しのぶとミュージカルとの出会い

ここまで一生懸命やってきたが、

なんでこんなに頑張ってきたのかわからなくなったソニンさん。

 

そんなとき、

大竹しのぶさんが出演する舞台を見に行き

演技が素晴らしすぎて感動します。

 

この出会いがソニンさんの指示待ち人間人生を

一変させるんですね。

 

そんなタイミングで大竹さん出演の

ミュージカルのオーディションの話が舞い込み、

共演がしたい一心で役を勝ちとりました。

 

尊敬していた大竹さんの演技を間近で見て勉強、

さらにすごくアドバイスもしてもらい、

初めて”役に入り込む”という経験をしたそうです。

 

初めて誰の指示もなく

自分がやりたい事を見つけたソニンさん。

その後も舞台をやり続けたいと強く思い、

ニューヨーク留学を決断。

「ここまで自分の全てをさらけ出せたことに、初めて気が付いて、

誰の指示でもない自分の意思と環境が一致した瞬間だったんです」

 

今まで事務所の指示を聞くだけだったソニンさんが

ついに自分の意志で、反対する事務所に自分の意見を言い、

ニューヨーク留学を決めたんですね。

 

1年半活動を休止し、学びに行ったニューヨークでは

「周りの意見に左右されず、常に自分らしく自然体」

でいることの大切さも学びました。

 

帰国後は本格的にミュージカル女優として活動を開始。

どんどん経験を積み、現在では

演劇界の権威ある賞『第41回菊田一夫演劇賞』を受賞したり

現在は3年先までスケジュールが埋まっているほどの

売れっ子になっています^^

 

今はマリーアントワネットに出演、

マルグリット役を熱演しているようです。

スポンサードリンク

まとめ

さて、いかがでしたか?

 

今回はソニンさんの現在、ミュージカル女優として

活躍するまでと過去の壮絶人生についてまとめてみました!

 

夢醒めでは現在の私生活を語ってくれるそうですが

一体どんな内容になるのでしょうか^^

 

放送を楽しみにしたいと思います♪

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました^^



おすすめの記事