多田克彦(農場)購入方法まとめ!家族経営で年収もすごい?wiki経歴や若者とのコラボとは?【プロフェッショナル】

こんにちは♪miiです(^^♪

7/30放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』で

農業経営者の多田克彦さんが出演されます✨

多田さんは岩手県で「多田自然農場」を営み

自社ブランドで海外展開をかけている

かなりやりての農業改革者です♩

自らもパティシエでありながら

販路を開拓するセールスマンとしても動き回り、

現在では多くの多田ブランドを世に排出しています(^^♪

とにかくアクティブで志が強い方な印象ですw

そんな多田さんが

何故農業を始めたのかなどの経歴や

支えている家族、

ぶっちゃけ儲かっているでしょ?

など

きになる所を調査してみたいと思います✨

では早速行ってみましょー♩

スポンサードリンク

多田克彦wiki風プロフィール

名前:多田克彦(ただ かつひこ)

生年月日:1955年

年齢:63歳(2018年7月時点)

出身:岩手県

大学:明治大学

農業を始めるまで

地元の農業高校を出た多田さんは

遠野市役所に就職が決まったものの

覇気のない空気感を感じ1日で退職w

『ここに居たら自分がダメになる』

と思ったそうです。

その後上京、一浪し明治大学に進学。

大学卒業後一流企業への

就職内定がもらえたのに

故郷の遠野が気になり辞退します。

故郷の遠野を何とかしたい!

と考えていた多田さんは

発展や振興を実現するには

地域の主要産業である”農業”を

発展させるしかない!

と,考え

「新しい時代の農業で食べていこう」

と決めて地元に戻ります。

そして、農業を本格的に勉強する期間

とし、一度辞めた市役所への就職。

戻るときには「10年」と決めて

再就職をしたそうです。

スポンサードリンク

片手間農業時代

朝5時~畑

昼間は市役所

夕方5時~畑

休日は一日畑作業!

こんな生活を送っていたそうです^^;

寝ても覚めても農業。

更には

市役所のボーナスで乳牛を飼い始めます。

そして6頭くらい飼い始めたころから

利益が出始め、「農業は儲かる!」

と、感じ本格的に会社を作る事を考えます。

20代で

片手間農業と節約、市役所で働きながら

貯めた資金はなんと1500万円!

スゴイですね(;’∀’)

しかも20代です。

目的があると違いますね^^;

そして1988年、33歳で市役所を退職。

退職金や借入などで1億円をかき集め

有限会社を設立。

北海道から200頭の乳牛を用意し

事業を本格的にスタートさせました。

農園設立、そして逆境

この時には既に結婚、

お子さんもいた多田さん。

妻と幼い子供と自分だけの農場は

乳牛が200頭

野菜のハウスが10棟以上・・・・

どうにも世話が回りません。

2人でこの規模を回すって(;’∀’)

開業資金でかなりの借金を抱えていたところに

更に追い打ち!!

牛肉の輸入自由化により牛の価格が下落

生乳の生産調整で毎日200㎏の牛乳を捨てる

組合に抗議したことでの組合脱退処分

農協に頼らない自社ブランドを立ち上げるも

組合脱退もあり、風評被害

台風で牛の糞尿が地下水に混ざり警察沙汰・・・

糞尿の事件で近隣住民ともめ、完全孤立

そんな逆境で地元で販売できなくなり、

東京での飛び込み営業をはじめました。

スムーズにはいかないですね(´;ω;`)

スポンサードリンク

東京へ!「多田ブランド」の浸透

最初はもちろんうまくいくわけもなく

それでもあきらめなかった多田さん。

あるとき、そんな姿が百貨店の人の目に留まり

商品を置いてもらえるようになりました

東京の小売り店を飛び込み営業している

多田さんの姿をTVで密着取材され

そのドキュメンタリーで

一躍多田ブランドが有名になります。

そして10年間の激闘の末

ついに、地元の道の駅

「遠野風の丘」の開店で

多田さんの商品が地元の売り場に並ぶことになったんですね。

もう二度と戻ってくることはないと思っていた

地元の売り場からのまさかの声かけ。

多田さんが農業を始めた根底の

「地元の発展・振興」が報われた瞬間ですね(´;ω;`)

良かった多田さん。。。

そして現在。多田ブランドの商品は?

今では多くの従業員が働く会社として成長。

海外進出も果たす一流のブランドとなっている

多田ブランドこと『多田自然農場』。

2017年にはアメリカのシリコンバレー

2018年にはマンハッタンでお店をオープン

するほどになっています。

多田さんの農産物の信念は

「自然の原料を基準に、極力人の手作業で作る事」

そしてその生きざまは

「反骨の酪農家」と呼ばれています。

30年前から取り組んできたこの農業ベンチャー。

今では当たり前の手法になってきましたが、

当時で考えたらかなりの苦労だったと思います。

文字で読んでいてもすごい苦労ですもん(;’∀’)

どんな商品があるかというと

プリンが有名ですね!

他には~

飲むヨーグルト

たべるヨーグルト

ミルクJam

チーズケーキ

納豆!?

更には無農薬野菜や

もちろん牛乳!

そして無添加ウィンナーなどなど・・・

様々なジャンルがあるようですね!!✨

スポンサードリンク

多田さんを支える家族

逆境時代は幼かった

息子さんのお名前は多田慎太郎さん。

現在2代目として長期熟成チーズの製造を担当。

勉強や運動はまるでダメだけど

愛される独特なキャラなんだそうです^^;

どんなキャラなのか気になる笑

農場がチーズ製造に乗り出すタイミングで

スイスにチーズの技術を学びに行った

チーズのプロです!!

そして奥様、多田正子さんは

専務として全国に向けた製品の発送を担当♩

家族で多田さんを支え続けているようですね(*´ω`*)

スポンサードリンク

若者とのコラボ企画とは?!

多田さんは「遠野物語」を

現代に紡いでいると言われます。

遠野物語とは明治43年に

柳田国男さんが書いた説話集です。

柳田さんは明治政府の農務官僚で

「日本人とは何か?」との答えを求め

民間の伝承や習慣を農村研究のいしづえとして

日本や外国を調査旅行へ行ったそうです。

その際に、

記された本が「遠野物語」なんですね。

その本では、農民に「自立経営」

こそが大事だと説いていて、

今多田さんが大事にしている

「自立経営」と重なります。

多田さんは、

遠野の次世代の経営者たちに

自立経営が大切だということや

岩手の埋もれた魅力を伝えたりするために

「多田克彦自然派ネットワーク」を

農家や酪農家仲間と結成しました。

そして様々な若い経営者達と

コラボをして、海外向けの商品開発に挑み続けています。

すごいですよねー。

これで若い経営者が育まれていくんですね。

多田自然農場の商品購入方法まとめ!

年収はやはりすごいのか?

次のページへ♩

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする