友田明美の研究がすごい!マルトリートメントの対策は?結婚した夫と高校を調査!【プロフェショナル】

こんにちは♪miiです^^

 

11/5放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀

には福井大学教授であり小児神経科医の

友田明美さんが登場します!

 

友田さんは、傷ついた親子に幸せをと

ADHDや自閉症、虐待による心の傷など

子供の”心”を診る小児神経科医なんですね。

 

一体どんな人で

どんな活動をしているのか?

 

今回はそんな友田さんについて

調査してみたいと思います♪

 

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

友田明美wiki風プロフィール

http://www4.nhk.or.jp

名前:友田明美(ともだ あけみ)

生年月日:1961年

年齢:57歳(2018年11月時点)

大学:熊本大学医学部

出身:熊本県熊本市

 

友田さんは、

虐待が脳に与える影響を世界で初めて実証し、

「不適切な養育(トリートメント)を継続する親によって

子供の脳が変形する」という研究結果を発表。

 

『世界一受けたい授業』に出演し、

目からウロコな授業を繰り広げ

世間が注目している人気の教授です。

 

福井大学子どものこころの発達研究センター発達支援研究室

福井大学付属病院子どものこころ診療部で小児科医として

診療・研究・教育をしていらっしゃいます。

 

元々、人間に対する興味から

人間を対象とする「医学」を

学ぶようになったんだそうです。

 

研修医の時から「児童虐待と脳の発達」をテーマに

研究をしているのですが、それには

ある悲しいキッカケがあったといいます。

 

研修医の時に鹿児島のある病院で

脳内出血の子どもが救急外来で運ばれてきて

全身にはタバコによる火傷の跡があり

あきらかに虐待をされている子どもだったそうです。

 

救命措置をし、集中治療室で3日間寝ずに看病をするも、

その子は助からずでした

 

この時、

なぜ子どもに対してこんなむごい仕打ちをするのか?

なんとしてもこの問題を何とかしたい

と考え、以来、このテーマに対しての研究に力をいれてきたんですね。

 

 

現在、児童相談所への相談件数は

過去最多の13万件にも及ぶそうです。

 

友田さんは、”なぜ虐待が起こるのか”という

根源的なところにも迫っていて、

 

近年は特に、発達障害(ADHDなど)の

子供の虐待が増えているんだそうです。

 

例えば心臓疾患などは

「積極的に治療すべき子ども」として

周りも向き合うことがしやすいが

 

発達障害は

「積極的に治療すべき子ども」として

周りは認知していない現状があります。

 

世間一般では虐待する親は”モンスター”の

イメージがどうしても強く、

私も、なんでそんなことするのか

理解ができませんでした。

 

しかし、友田さんは、

「発達障害児の育てにくさを直視せずに虐待は防げない」と語り、

相談にくる親子を励まし、時には10年以上にわたり

サポートし続けることもあるんだとか。

 

友田さんの診察室は

切実な思いを抱えた親子がおとずれ、

対話を通し、心の重荷をおろしていく、

「誰もが涙する」診察室と言われているようです。

 

TEDの講演動画がありました!

「愛着(アタッチメント)ー子どもに向き合い、親に寄り添うー」

スポンサードリンク

経歴&受賞歴

http://www4.nhk.or.jp

友田さんの簡単な経歴と

受賞歴をまとめてみました!

 

【経歴】

1992年~2006年 国立大学法人熊本大学助教

2003年~2005年 米ハーバード大学客員助教授

2006年~2011年 国立大学法人熊本大学准教授

2011年~国立大学法人福井大学教授

2012年~自然科学研究機構生理学研究所客員教授

 

【受賞歴】

2009年
国立大学法人熊本大学・研究活動表彰
日本小児救急医学会・研究活動表彰
自然科学研究機構・日米科学技術協力事業「脳研究」分野グループ共同研究・日本側代表者
2005年
自然科学研究機構・日米科学技術協力事業「脳研究」分野共同研究者
2003年
小児医学研究振興財団・フェローシップアワード
日米医療交流財団・フェローシップアワード
厚生労働科学研究「子ども家庭総合研究推進事業」・外国への日本人研究者派遣事業アワード
三共生命科学振興財団・学術研究奨励賞
1998年
社団法人照明学会・学術研究奨励賞
1996年
鈴木謙三記念医科学応用研究財団・学術研究奨励賞
引用:https://researchmap.jp

 

数々の賞を受賞されています。

これだけでも、かなりスゴイ方なのがわかりますね。。

 

論文や著書などもたくさん発表していて

講演会なども人気のようです。

 

いかに世間がこの問題に注目しているかがわかります。

スポンサードリンク

出身高校はどこなの?

友田さんの出身高校を調べてみたのですが

全く情報がなかったですね(^^;

 

出身が熊本県熊本市とのことなので

高校は熊本市内の高校だとは思いますが、

大学以前の情報は全くどこにも公開されていませんでした。

 

情報がまったく皆無で見当もつかないので、

コチラに関しては何か情報があり次第更新したいと思います♪

 

結婚した旦那さんと子供は?自身が感じた苦労

マルトリートメントとは?対策は?

は次のページへ!

結婚した旦那さんと子供は?自身が感じた苦労

友田さんは結婚しているのか?

旦那さんや子供は??と気になったので調べてみたところ

 

結果からいうと・・・

2人の娘さんがいらっしゃるそうです。

旦那さんの情報は全く情報なしでした(^^;

 

友田さんは、「子どもの脳を傷つける親たち」

https://www.amazon.co.jp

という本を書くときに編集者の方から

「一人の母の目線でかいてください」

頼まれたといいます。

 

こんなスゴイ研究結果を発表しているからには

友田さんの子育ては、どうなのか気になるところですが

 

やはり友田さん自身も

仕事と子育ての両立に苦労し、

マルトリートメントを身近に感じたようです。

 

疲れ切って帰宅したときに

長女が家の前でカギを排水溝に落としてしまい

思わず頭をたたいてしまった事であったり

 

2歳の次女がお昼寝中に

病院から呼び出しがかかりに時間外出したら

いつもぐっすり寝ているはずの娘が留守中

ずっと泣き続けていた経験であったり・・・

 

他にも挙げればきりがないほど。

と語ります。

 

自身もこのような経験を踏まえ、

友田さんは親の気持ちにも寄り添い、

 

一人で頑張ろうとしていた心を救い

子どもの気持ちにも寄り添ったような

対話ができるんだろうなと思います。

スポンサードリンク

マルトリートメントとは?対策は?

改めて友田さんの発表したマルトリートメントとは?

というところに迫ってみたいと思います!

”マルトリートメント”とは”不適切な養育”のことで、

心無い言葉や暴力、育児放棄など子どもを傷つけることです。

 

子どもは極度のストレスを感じるとその苦しみから逃れようと、

脳が自ら変形してしまうことが、

研究でわかってきたそうなんですね。

 

変形してしまうと、成長してから「うつ病」になったり

視覚野、聴覚野などに影響する危険性があるといいます。

 

激しい夫婦喧嘩を頻繁に見て育った子どもは「もうこの景色を見たくない!」と

脳の視覚野の一部舌状回という場所が、通常の大きさより6%も縮小

言葉の理解力などの知能が低下してしまうんだそうです。

 

現在マルトリートメントは

深刻な問題になっているとのことです。

 

自分の家は関係ないと思っていても

親の何気ない一言や行動が

子どもの脳を傷つける虐待になっていたら

とっても怖いですね( ゚Д゚)。。

 

実際どんな親の行動がマルトリートメントになっていて

どう対策をしていけばいいのでしょうか?

多いマルトリートメントと対策

●感情に任せた暴言

身体への暴力よりもの脳へのダメージが大きく。

耳は健康でも音が聞こえない心因性難聴を患うことも。

 

【対策】

60秒を超えるお説教は感情的になってることがほとんど!

その感情任せの言葉で知らずに子供を傷つけていることも。

「60秒以内以内で叱る」と意識して叱るといいそうです。

 

 

●兄弟・友達との比較

他の誰かと比べながら叱ると、

脳の喜びや快楽を感じる部分の線条体に影響があり

成長してからアルコール依存や薬物依存の陥る危険性が高まります。

 

【対策】

子どもは一人一人が違うことを意識し、

誰かと比較せず本人と向き合うことが一番いいといいます。

 

 

●お風呂上りに裸でウロウロする

子どもが本当に嫌がっている場合は、マルトリートメントに!

「見たくない」という防衛本能が

記憶力や認識能力の低下を招くんだそうです。

 

【対策】

子どもとコミュニケーションをとって、

本当に子どもが嫌がっていたら

脱衣所で着替えるようにすることが一番ですね(^^;

 

 

●長時間のスマホ

長時間のスマホをやっている子は

親とのコミュニケーションが極端に減少し

脳の感情をコントロールする部分が縮小、

集団行動ができなくなる傾向があるようです。

 

【対策】

なにかと便利なスマホですが、

1日1時間など時間を決めて渡すようにするといいですね。

 

 

●過干渉

子どもが自己管理できる年齢になっても

行き過ぎた管理をしてしまうと「信用されてない」と思い、

大人になったときいつもビクビクした人間になってしまうといいます。

 

【対策】

心配になっても、グッとこらえて

本当の子どもの為になっているのかよく考えて声をかける事が

大事なんだそうです。

 

 

知らず知らずのうちにやってしまっているような

ことがほとんどでしたね(・・;)

 

子どもとのコミュニケーションをとるうえで

子どもの脳を活性化するコツを友田さんが

話していました^^

 

子どもの脳を活性化するコツ

子どもが話したことを繰り返してあげる。

親が自分の話を理解していると思えば

子どもは積極的に会話をするようになり、

脳の前頭前野が正常化するという研究結果があるそうです。

スポンサードリンク

まとめ

さて、今回は友田さんについて調査してみましたが、

知らず知らずのうちに、マルトリートメントをしている自分がいるかも

と思いましたね・・・(・・;)

 

友田さんの研究ややってることは

本当に素晴らしいと感じますね^^

これからの研究なども期待です!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

おすすめの記事