福島有佳子の人工ボディがスゴイ!年収&大学は?wiki経歴と結婚も!【プロフェッショナル】

こんにちは♪miiです^^

 

11/26放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』に

人工ボディ技師である福島有佳子さんが出演されます♪

 

先天性な障害、事故や病気で失った体の一部を補う

シリコン製のボディーパーツである”人工ボディ”を

作成するパイオニアとして知られる福島さん。

 

一体どんな人物なのでしょうか?

今回は福島さんについて

調査してみたいと思います♪

 

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

福島有佳子wiki風プロフィール

http://www4.nhk.or.jp

名前:福島有佳子(ふくしま ゆかこ)

生年月日:1971年

年齢:47歳(2018年11月時点)

高校:大阪市立工芸高等学校

出身:大阪府

 

中学時代にモノづくりに目覚め、

絵を書いたり陶芸が趣味だったという福島さん。

 

高校は大阪府立工芸高校に進み、

そこでものづくりの楽しさや工夫する事を学んだそうです。

 

作ったものを自分自身が販売したいと思った福島さんは、

大学ではなくビジネス専門学校のホテル科に進学。

 

専門学校名などの詳細はわかりませんでしたが、

ここでは接客マナーや心理学、

ビジネスについて勉強されたようです。

 

そして卒業後、

入社した会社に頭や顔にやけどを負っていて

「顔を隠したくても耳がないからマスクができない」

という人が相談に来たことにより

 

耳の代わりになる突起を作ったのがきっかけで

完全に独学、手探り状態で

人工ボディを作りはじめました。

 

 

最初はお客さんの気にいるものが作れず、

怒鳴られることや、人工ボディを投げ返されることも

たくさんあったといいます。

泣いてもいい。でも、泣きながらでも手は止めない。

私が求められているのは悔しかったり、お客様に同情したりする事ではないと思ったから。

手を止めている暇があったら、いいものを作れ。

120%を目指せば、100%のものが作れるかもしれない。

だから120%を目指せ。

引用:https://womanlife.co.jp

これが福島さんの技術が磨かれた原点なんですね。

 

他にも、

まだ人工ボディを知らない

医師などから不信な顔をされたり、

 

人工ボディを作っていた会社が倒産し、

納品してない人達からの問い合わせが殺到したりなど

様々な壁が立ちはだかりました。

 

ただ、すごいのは

そこで立ち止まらなかったこと。

 

人工ボディを求めるお客さんの為に

ここで足を止めるわけにいかないと奮闘し、

 

自身で有限会社を設立し、

川村義肢㈱への合併しました。

 

その川村義肢株式会社の一部門として

「工房アルテ」を設立、現在に至ります。

 

 

悔しい思いをした福島さんだからこそ

現在の功績があるんでしょうね^^

本当にスゴイと思います。

 

福島さんは今まで2000人以上もの体を

よみがえらせてきたそうです。

 

その中には元暴力団組員などもいるそうで

社会復帰をしたいと願う「組抜け」で小指をなくした人にも、

人工ボディを作成して後押しをしているんですね。

 

この活動は1992年頃から始めていて

暴力団の離脱者の苦境を知った事がきっかけなんだそうです。

受賞などの功績も数々。

 

【受賞歴】

第13回暴力団追放府民大会にて功労賞受賞
第21回暴力団追放府民大会にて功労賞受賞
第6回東京にて地域安全功労賞受賞
男女共同参画社会づくり功労者/内閣総理大臣表彰及び女性のチャレンジ賞受賞
大阪府優秀技能者表彰 「なにわの名工」受賞
第25回暴力団追放府民大会にて功労賞受賞

引用:https://mbp-japan.com

 

福島さんは、依頼してくるお客さんとの

コミュニケーションを大事にし、

なにより、心を大事にしている人なんだなと感じます。

スポンサードリンク

人工ボディがリアルでスゴイ!

https://mbp-japan.com

 

福島さんの人工ボディは

特殊メイクの技術を応用していて、

材質にこだわり、血管やシワや肌の質感まで

リアルに再現した人工ボディなのです。

 

実際写真を見てびっくり!

http://www4.nhk.or.jp

http://www4.nhk.or.jp

 

これが作りものだとは

到底思えない・・・。

 

顔まわりから足先まで

本当に全身を、自分にあった形に

作成してくれるようです。

 

福島さんは人工ボディ技師として

「前に進むことをためらう人の、背中を押すことが仕事」

と語っています。

 

思わぬ事情で身体に一部をなくされた方にとっては

本当に人生を変えるようなキッカケになるんだろうなと感じました。

 

福島さんが人工ボディを製作している

アルテの工房の場所ですが、

大阪東京の2拠点にあるそうです。

 

価格や、製作工程などはHPに記載がありました。

 

とてもわかりやすい、丁寧なHPなので

気になる方は見てみるといいと思います^^

工房アルテ【金額ページ】

スポンサードリンク

結婚した旦那さんや子供は?

福島さんは結婚されているのか?

気になったので、調べてみたのですが、

 

結婚されているかどうかの情報は

全く出てきませんでした

 

プロフェッショナルの放送で

もしかしたら語られることがあるかもしれないので

わかり次第更新したいと思います。

年収は?職業のくくりは何になるの?

福島さんの年収は一体どれほどのものなのか?

と思い調べてみたのですが、そもそも職業が特殊・・・・。(;´∀`)

 

多分、ジャンル的に『義肢装具士』というジャンルかな?

義肢装具士は、ケガや病気などによって失われた身体能力を「医学」「科学」「工学」の観点から、義肢や装具を製作し、適合を行う医療職です

引用:https://www.kmw.ac.jp

と思ったのですが、

どうやらこの義肢装具士国家資格のようで

福島さんのプロフィールにはこの資格がなかったので違う模様(;´∀`)

 

技術職としての平均年収がつかめないので

一応、川村義肢株式会社の2017年度の給料を調べてみたところ

平均は約333万円で、『給料面はあまりよくない』

との口コミを多数発見。

 

この口コミは「工房アルテ」ではなく

川村義肢株式会社の従業員の口コミです。

 

福島さんの場合はアルテの代表のようなものなので

この平均よりは上回ると思うので300万円以上は確実ですが

 

実際のところは、一会社員として

かなりの金額をもらっているとは考えづらい気がします。

 

福島さん自身はもちろんお金よりも

お客さんへのやりがいなどで

お仕事をされていらっしゃいますが

 

こーゆう福祉系の仕事のお給料が

少しでも良くなるといいなと思いますよね。

スポンサードリンク

まとめ

さて、今回は人工ボディ作成のパイオニア

福島さんについて調査をしてみましたが、いかがでしたか?

 

調べれば調べるほど、スゴイ仕事だなと感じました。

 

私は体の一部をなくしたことも

大きな事故やケガで絶望を味わったこともありません。

 

でも、もしこんな人が寄り添ってくれる、

荒れる自分の気持ちも含めて話を聞いて

一緒に解決してくれる人がいたら

本当に救われる人が多いだろうなと思いました。

 

これからの活動を応援していきたい、

そう思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

SponsorLink
おすすめの記事