盆栽少年の東山拓仁(ひがしやまたくと)は何者?盆栽大会?師匠や作品、家族を調査!【マツコの知らない世界】

こんにちはmiiです♩

7/10放送の『マツコの知らない世界』に

盆栽を語る、キャラクター濃いめの謎の少年

東山拓仁くんが出演されます。

【関連記事】コチラも合わせてお読みください♪(同回出演)

小石原浩美(ネギマニア)の年齢や経歴wiki!家族についてと性格や結婚などもチェック!

小石原浩美の「neginegi」の魅力!なぜネギ?お店の場所やメニュー、評判は?

予告だけでもかなりインパクトのある少年でしたが笑

一体何者なんでしょうか?

東山君はなぜ盆栽にハマったのでしょう?

さらには盆栽に世界大会があったなんて知ってました?

東山君の師匠がスゴイ人なんだとか?

両親はどんな人なの?

とっても気になります(;゚Д゚)

なので今回は東山拓仁くんついて迫ってみたいと思います♩

一緒に確認をしてみましょう♪

スポンサードリンク

東山拓仁wiki風プロフィール

名前:東山拓仁(ひがしやま たくと)

生年月日:2003年生まれ

年齢:15歳(2018年7月10日時点)

出身:埼玉県大宮市

現在中学3年生という東山君。

中学3年は14歳~15歳になる歳、

メインは15歳になる年度の代なので

4月~7月10日までの間に誕生日を迎えていると

思われます。

盆栽にはまったキッカケは

12歳の時、埼玉県さいたま市大宮区にある

『大宮盆栽美術館』を訪れた時の事。

その時、力強い盆栽たちに衝撃を受けたんだそうです。

それ以来盆栽に魅了されます。

この『大宮盆栽美術館』

盆栽の聖地とも言われ、

盆栽ファンからは人気が高い場所なんだそうです。

そこからお小遣いは全て盆栽に捧げ

盆栽に没頭する日々。

中学2年の頃には既に20鉢もの盆栽を育てていたそうです。

東山くんは2017年に埼玉スーパーアリーナで開催された

『世界盆栽大会』を心待ちにしていたそうで、

春休みに盆栽クラブを開いたり、

手作りのイラスト付きのテキストを作成したり

世界盆栽大会であこがれの盆栽作家に渡す名刺を用意したり。

盆栽仲間とこの大会に行くことを楽しみにしていたんだそうです。

ここら辺が中学生らしくてかわいいですね(^^♪

スポンサードリンク

盆栽はもうおじいちゃんの趣味ではない?

「盆栽」という言葉やイメージも持っては居たのですが

そもそも盆栽ってどんな目的ででたの?

と疑問に思ったので調べてみた所

盆栽の目的は

自然の風景を、植木鉢の中に切り取って作りだす所にある。

その植物の、野外で見られる大木の姿を、鉢の上に縮小して再現する事。

そのため、自然の景観に似せる為、

枝を針で固定したり、岩石の上に根を這わせたり

様々な技巧を競うのも楽しみの一つ。

生きた植物なので「完成」がなく、常に変化し、

肥料、水やりなど手間と時間をかけて作るのが魅力

引用/https://ja.wikipedia.org

なんだそうです。

自然の大木を縮小して鉢の中に再現する・・・

「完成」が存在しない・・・

改めて聞くと「はぁ~なるほど」ってなりますね。

「だからハサミでチョキチョキのイメージがあるのか!」

ってなりましたw

私のイメージは完全にサザエさんの波平さんの影響ですけどね笑

海外でも「BONSAI」として注目されていて

芸能界でもハマっている人が増加中。

田中みなみさん

EXILEのMATSUさん

イチローさん

などが愛好家として知られていますね。

盆栽といえばおじいちゃんとかが

老後にいじっているイメージだったのですが

そもそもそのイメージがもう古いらしいです^^;

今や盆栽は一つの「アート作品」として注目されています。

最古の盆栽の中には樹齢800年1000年を超えるものもあるそうです!

みよ!これが樹齢1000年の盆栽じゃ!

・・・うーん

角度が悪い・・?^^;

そして

世界一高額と言われる盆栽がこちら

なんとお値段100,000,000円!!!

いち・・じゅう・・・ひゃく・・・

え、1億?

しかも買ってる人がいる・・・^^;

盆栽の世界って半端ないですね(;´∀`)

スポンサードリンク

世界盆栽大会とは?

「大会」というので、

東山くんが出場して何かの賞をとったのか?

とイメージしていたのですが

そうではないようで、

盆栽界にはおおまかにわけて

「盆栽大会」「盆栽展」

どうやら二つあるそうです。

「盆栽展」は歴史が古く、規模が小さい、

一般的に素晴らしい数々の盆栽が出典されている展示会

「盆栽大会」は世界規模で行われている

イベントスタイルの大会で、オリンピックと同じで

4年に1回世界各地で開催されているそうです。

元々発祥は、びっくりする事に欧米各所なんだそうですよ!(`・ω・´)

日本発信かと思ってました!

1989年にさいたま市で開催された世界盆栽大会が

日本で初めて開催された盆栽大会だというから驚きです。

それまでは日本は「盆栽展」がメインだったんでしょうね。

そして東山君が心待ちにしていたこの大会が

埼玉で開催されるのが実に28年ぶりだったんだそうです。

さいたまは盆栽都市と言われるくらい

盆栽が有名で、「盆栽町」という町があるほどなんです。

この大会は登録料を払えばだれでも参加できる大会のようで

目的は盆栽作品の展示や観賞だけではなく、

盆栽愛好家の交流、盆栽専門家による盆栽の講習会、

盆栽をテーマとしたイベントなどを通して

盆栽通や盆栽を知らない人にとっても

魅力のある空間になっているそうです。

さいたま市の小学校の授業でやってるんですかね?

小学生盆栽作家の作品がズラリと並んでいたり、

デモンストレーションを行っていたり

なんだかお祭りみたいで楽しそうでした(*´ω`*)✨

東山くんの作品が気になる!

両親はどんな人?

師匠がすごい人だった!

は次のページ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする