伊藤圭wiki経歴!山小屋を支える家族(嫁・子供)や父が伊藤正一でスゴイ人?【情熱大陸】

こんにちはmiiです(^^♪

 

8/5放送の『情熱大陸』で

山小屋主人の伊藤圭さんが出演されます!

 

もう登山シーズンですもんね✨

 

伊藤さんは

北アルプス(飛騨山脈)

黒部源流の最奥地にある

 

三俣山荘水晶小屋

二つの山小屋を経営している方です。

 

その標高2550mの奥地で、

登山口からは2日歩かないと

たどり着かない場所。

 

更には電波も届かない、

電気も水道もガスはもちろんない

 

そんな場所で奥さんと

子供と暮らしている方です。

 

そう考えると、

富士山って頂上でも携帯が使えるので

完全に観光使用になっているんだなーと実感(;´∀`)

 

私自身、小さい頃

父親が山好きで日本百名山を

一緒に登ったりしていて

「まだー?」

「もーすぐだよー」

というやり取りで3時間ほど

ぐずりながら歩いた経験がありますがw

 

昔から、山小屋を運営している人は

どうやって生活をしているんだろうと

不思議に思っていました笑

 

今回はそんな、山小屋で生活しながら

登山者をサポートし続けている

伊藤圭さんについて迫ってみたいと思います♩

 

早速いってみましょー✨

スポンサードリンク

伊藤圭wiki風プロフィール

名前:伊藤圭(いとう けい)

生年月日:1977年

年齢:41歳(2018年8月時点)

出身:東京都新宿区

 

伊藤さんは一体、

どーゆう経緯で山に住み始めたんだろう・・

気になる所です。

 

写真だけ見ると、

とても人の好さそうな主人に見えます!(^^)!

 

伊藤さんの山歴は、

なんと1歳の頃から

 

おとうさんが元々山小屋経営をやっていたようで

父親に連れられ毎年山に行っていたんですって!

 

物心ついた時から山!

 

というか・・

一歳の息子を連れて

標高2500mの山小屋まで行く父親がスゴイ。。笑

 

だって山登りに必要な装備+歩けない息子ですよ?!

ただでさえ重い荷物で大変なのに、

そこに子供をしょってとか、半端ないって。笑

 

どうやって行っていたのか気になる所です(;'∀')

 

そんな毎年山に行っていた伊藤さんですが、

 

都内の高校を卒業後、

21歳~24歳まで

京都で音楽活動をしていたりなど

山から遠ざかっていた時期も

あったようですが

 

現在は山小屋一筋でやられています。

 

伊藤さんはカメラの経歴も持っていて

 

18歳の頃に初めてカメラを購入し、

父親からモノクロフィルムの

現像や焼き付けの手ほどきを受けていたそうで

 

山小屋の管理人を始めてから

山に住んでいる人にしか取れない写真なども

撮影していたりして

 

2010年には第3回田淵行男賞写真作品公募

「岳人賞」を受賞されていて、

 

2013年には

「私と水晶岳とその光」という写真展を

田淵行男記念館で開催したこともあるんだそうです(*´ω`*)

 

田淵 行男 たぶち ゆきお(1905年6月4日 - 1989年5月30日)

山岳写真家で北アルプスをこよなく愛していた。

現在、長野県に記念館が存在する。

スポンサードリンク

妻子と一緒に山小屋でおもてなし

2002年、25歳の時に、

3つ下の敦子さんと結婚

敦子さんが手に持っているのは

シカ肉のジビエシチュー♩

おいしそう♡

 

【関連記事】伊藤さんの山小屋についてはコチラ♩

伊藤圭の経営する三俣山荘の絶景や評判は?ジビエシチューが気になる!

 

・・・話がそれましたが

二人は、敦子さんが伊藤さんの山小屋で

働いていて知り合ったそうです♩(*´ω`*)

仲が良さそう♩

 

伊藤さんは

敦子さんとの結婚を機に、

山小屋一本で働き始めます。

 

そして、父親から

水晶小屋と三俣山荘の管理を

任されるようになったそうです。

 

現在は二人で山小屋を切り盛りしながら

まだ幼いお子さん2人と

一緒に山小屋で暮らしています。

 

”こうや”くんと

”かや”ちゃん。

 

スゴイのがお子さんたち。

標高2550mとか関係なしに

竹馬であそんでいるそうです( ゚Д゚)

 

もう空気が薄いのとか

慣れているんでしょうね笑

 

まさに、天空の庭w

 

携帯でゲームばかりしているより

ずーっと健康的に育ちそう(笑)

 

初代山小屋経営は伊藤正一!父親がすごかった。

は次のページへ



おすすめの記事