宮田真也(化石マニア)博士の年齢は?学芸員て何?城西大学化石ギャラリーレビュー【マツコの知らない世界】

こんにちはmiiです♩

6/5放送の『マツコの知らない世界』に、

化石マニアとして以前少ーしだけ登場した

宮田真也さんが出演されます♩

とにかく注目するべきは宮田さんのキャラw

化石が大好きすぎて

ヘリコプリオンの化石を『ヘリコちゃん』と呼んだり、

三葉虫の死体の事を、敬意をもって『ご遺体』と呼んだり・・

↓こちらがヘリコちゃんです↓

https://twitter.com

ちなみにヘリコちゃんはサメの仲間なんだそうですよ♪

サメには見えない!

しかも日本に現物が存在する事がレアなんだとか。

とにかく、化石が本っっ当に大好きなのが伝わってきて

かなりステキなキャラクターです(*´ω`*)w

しかし、一般の方なのでまだまだ謎が多いんですよね~。

ちょっと気になったので

宮田さんについて疑問な所をリサーチしてみたいと思います!w

スポンサードリンク

年齢はいくつなの???

http://www.josai.jp

名前:宮田真也(みやた しんや)

学歴:早稲田大学大学院創造理工学研究科

地球・環境資源理工学専攻博士課程修了  (理学博士)

職業:城西大学化石ギャラリー学芸員

学会は3つ所属しており、

・日本古生物学会

・日本地層学会

・日本魚類学会

全て化石に繋がるんですね✨

見た目でも年齢が不詳な宮田さん。。。

正直若くも見えるし、大人(?)にも見えます笑

大人って・・w違うか?(いや失礼?)

とにかくおいくつなのか?

きになるところですね(*´ω`*)

隠しているわけではないと思いますが、

公表されていないので

勝手に予測してみちゃいたいと思いますw

宮田さんは2014年に早稲田大学の大学院を卒業されているそう。

通常の大学は4年制、

大学院での修士課程は最短2年間。

その後博士課程は最短3年間。

スムーズにいけば9年間は大学生活を送っていた事になりますね。

博士課程での博士論文は3年間で本一冊分ほどの量。

大体300ページ前後を書き上げなければならないらしく、

書き上げたら、それも審査にかけられ、

合格すれば「博士学位」がもらえるそうです。

しかし、3年間で博士論文を書き上げる人は非常に稀で、

大抵4~6年ほどかかってしまうのが普通なんだとか。

博士学位を取得できずに「博士課程修了、退学」という学歴を持つ方も多いそうです。

なので卒業してから博士論文を書き上げ、博士学位を取得する人がほとんどといいます。

そんな厳しいんですね( ;∀;)

私とは無縁の世界・・・

ってゆうか、面白いキャラとはウラハラ、

スムーズに博士学位をとっていたら(スムーズじゃなくても)

かなりすごい人じゃないか!!

と今更気付いた私。ww

実際、宮田さんがすんなりスムーズにいったかどうかがわからないので、

予測年齢にはふり幅が出てきますね。

現在わかっているのは

『2014年に早稲田大学の大学院を卒業』

『博士と名乗っている』

という事のみ。

とりあえず最長を予測はできなさそうなので、最短を予測してみましょうw

まず、高校までは普通に卒業したとしたら卒業時18歳

そこから大学で9年過ごしたとしたら、

27歳で大学院を卒業している事になります。

2014年に大学院を卒業なので、そこから約4年。

どんなに若くても31歳は超えている

という事になりますね!

見た目から言うと31~35歳の間ではないでしょうか?

あくまでも個人的な予測でしかないので

明日の放送で年齢が語られる事を楽しみにしています(*´ω`*)笑

スポンサードリンク

そもそも学芸員ってどんなお仕事?

http://www.joqr.co.jp

「学芸員」って言葉は知っているけど、

どんな事をやっている仕事なのかは知らなかったので

それも調べてみる事に。(無知ですんません(´;ω;`))

学芸員は国家資格なんだそうです。

知らなかったー・・・

学芸員とは、日本の博物館法に定められた、

博物館(美術館・天文台・科学館・動物園・水族館・植物園なども含む)

における専門的職員及び、その職に就くための国家資格。

動物園や水族館も博物館のくくりであることにびっくり。

まぁ・・普通に考えればそうか。

欧米の博物館・図書館・公文書館では

「キュレーター」と呼ばれる人たちが置かれているが、

日本ではキュレーターを学芸員と訳しているそうです。

一般的には、研究・調査・収集・展示普及・保存・管理などが

お仕事の内容なんですと。

しらなかったー!!

『城西大学化石ギャラリー』とは?

化石ギャラリーtweet集

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする