柴野大造(マルガージェラート)wiki!お店や買い方が気になる!弟もすごい?結婚は?【情熱大陸】

こんにちはmiiです♩

6/3放送の『情熱大陸』で

ジェラート職人の柴野大造さんが出演されます。

柴田さんはマルガージェラートを経営しており、

ジェラートを五感で楽しめるように

いろいろな工夫をしながら世界に発信し続けている

ジェラート界の先駆者と言っても過言じゃないでしょう!

https://www.facebook.com/

見てるだけでもテンションが上がる♡

あれ・・?

そもそもジェラートって普通に言ってるけど

アイスクリームやソフトクリームとの違いってなに??

って思ったそこのあなた!

私と一緒です笑

と、言うことで調べてみたところ・・・

Q.ジェラートって何ですか?ジェラートとアイスクリームは、どう違うのですか?

A.ジェラートはイタリア語でアイスクリームと定義され、凍ったお菓子(氷菓)を広義に指します。

しかし日本ではアイスクリームと呼べるものは法令で乳固形分15%以上その内8%は乳脂肪でなければならないと定義さています。イタリアでは通常5%前後の乳脂肪でジェラートを製造するのが一般的ですので、分類・規格ではアイスクリームではなくアイスミルクになります。

しかし、ジェラートは脂肪分が少ないことからヘルシーな食品であり、原料そのものの風味を生かした物と言えます。

Q.アイスクリーム(ジェラート)とソフトクリームの違いはなんですか?

A.どちらも使用原材料は同じ様な物を使用しますが、ソフトクリームは機械から抽出し、すぐ食べる食品ですので一般的にオーバーラン(空気の含有量)も多く製造温度も-4℃~-6℃であることから柔らかい製品になっています。

ジェラートは、オーバーランが低く、製品温度も-8℃~-10℃までとなっています。

Q.オーバーランとは何ですか?

A.アイスクリーム、シャーベット製品中の空気の含有量をいいます。

ホームメイドタイプのイタリアンジェラートは20~40%くらいで作り上げます。

この空気の量は、製品の口当たりをよくし、原料そのものの美味しさを味わうことができます。

引用:www.italiangelato-kyokai.com(日本ジェラート協会)

との事でした。

ふむふむ。

なるふほど(‘_’)!

簡単に言うと

アイスクリームよりもシャリシャリさっぱり!

ってところでしょうか?・・・笑(ざっくり過ぎる)

うん。きっとそう!w

ちょっと話がそれましたが・・笑

そんなジェラート職人・柴田さんのプロフィールから

お店や、マルガージェラートの買い方など

私目線ですが気になることをリサーチしてみました✨

一緒に確認してみましょう( *´艸`)

スポンサードリンク

 柴野大造のプロフィール

https://ameblo.jp

名前:柴野大造(しばの たいぞう)

生年月日:1975年4月18日

年齢:43歳(2018.6月時点)

血液型:O型

出身:石川県能登町

職業:ジェラート職人/㈱マルガー代表取締役

酪農家の4人兄弟の長男として生まれた柴野さん。

小さい頃から酪農を手伝っていて、

小学生の時は学校へ行くまでも、帰ってきてからも

とにかく牛の世話をするという生活をしていました。

とにかく忙しく、友人と遊ぶ事も少なかったため、

友達も少ない少年時代だったそうです。

そんな中、

「自然がテーマの作文コンクールがあるから書いてみないか?」

と担任の先生に勧められ、

父から学んだ「人間は自然に生かされていること」

を題材に作文を書いたところ、全国最優秀賞に!

そこで自分がやってきた事に自信がついたそうです。

小学生で友達とも遊べず、家の事を手伝い

色々悩んだ時期もあったのではないでしょうか?

でも、家族以外の人に、「考え方」を認められると

今まで自分がやってきた事が間違いじゃないと背中を押される気持ちになりますよね(*´ω`*)

今の柴野さんのベースになったんでしょうね✨

その後、東京農業大学農学部を卒業後、

22歳で家業の酪農を継いだのですが、

酪農にかかっていた設備投資の借金1億円も一緒に

相続する事になってしまった柴野さん。

22歳で借金1億・・・重い!!(ノД`)・゜・。

私だったら途方にくれますが・・・

柴野さんは

牧場でとれる生乳を活かして何か出来る事はないかと考え、

子供から大人まで楽しめる「ジェラート」に注目したのです。

思い立ったらすぐ!

柴野さんはジェラートについて学ぶためイタリアへ。

帰国後乳製品加工会社を開業しジェラートを販売し始まるのです。

しかし、初期は1日に1人2人お客さんが来る程度、

待っているだけではだめだと思い、移動販売を始めました。

そこからイベントなどに参加できるようになり、

口コミで広がり毎日3000本以上売れるようになりました。

今でも2号店と展開して広がり続けています。

柴野さんはジェラートを食べるだけのものではなく

五感で楽しめるものを目指してパフォーマンスをしています。

2008年にはTVチャンピオンにも出場。

ジェラートを作る過程を光と音楽を使って

『ジェラートイリュージョン』と称して魅せているのです。

世界最大のジェラート祭Sherbeth Festival (伊・パレルモ)では

史上初アジア人チャンピオン柴野さんが選ばれました。

どれほどすごいのか?というと

「日本で開かれる鮨の世界大会でイタリア人が優勝するようなもの」

なんだそう。

柴野さんは他にも

ジェラートのワールドカップで日本人チームのキャプテン

外国人初の世界ジェラート大使に就任

自身のお店だけでなくコンサルで、ほかのショップをプロデュース

企業とコラボして商品開発

などの仕事もしていて、大活躍中です。

ジェラートにおいて、アジアでは右に出る人は居ないお方のようです(‘ω’)

スポンサードリンク

マルガージェラートのお店の場所や買い方は?

https://www.facebook.com/

現在2店舗のようですね(*´ω`*)

「マルガージェラート能登本店」2000年オープン

〒927-0311
石川県鳳珠郡能登町字瑞穂163-1

営業時間/am10:00~pm6:00

定休日/3月~10月:無休/11月~2月:水曜日

「マルガージェラート野々市店」2004年オープン

〒921-8804
石川県野々市市野代1-20-101

営業時間/am11:00~pm 6:00

定休日/不定休

石川県かあ・・・遠くて行けない( ;∀;)

なんて方にもご安心を。

オンラインショップも存在します。

マルガージェラートオンラインショップ

ここまで有名なのに柴野さんがなぜ東京には出店しないのか?

というと疑問が生まれます。

それは、石川県でのジェラート作りにこだわっていて、

『石川県発信』の乳製品総合メーカーを作る事が柴野さんの夢なんだそうです。

地元に対する柴野さんの愛情が垣間見えますね(‘ω’)

弟もすごい?

結婚は?

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする