高橋卓志プロフィール&経歴!僧侶として注目される理由は?【プロフェッショナル】

こんにちは♪miiです^^

12/17放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』では

僧侶高橋卓志さんに密着されるようです^^

仏教界の革命児と言われているようですね。

一体どんな人物なのか?

今回はそんな高橋さんについて

調査して観たいと思います♪

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

高橋卓志wiki風プロフィール&経歴

名前:高橋卓志(たかはし たくし)

生年月日:1984年12月4日

年齢:70歳(2018年12月時点)

高校:長野県松本深志高等学校

大学:龍谷大学

大学院:龍谷大学院東洋史学科中退

出身:長野県

高橋さんは

1000年近く続く歴史のあるお寺、

神宮寺の住職の一人息子として生まれました。

大学院を中退後、

海清寺専門道場で2年間の修行をし

1976年に副住職として神宮寺に入り

1991年に父の後を継ぎ、住職へ就任

お寺の近代化や公益性を追求し

檀家制度の廃止と世襲の撤廃を公言し

原発事故の被災者支援に取り組む

日本チェルノブイリ連帯基金の設立に参加したり

長野県NPOセンター代表

ライフデザインセンター代表

なども務めていました。

故・永六輔さんらと共に

寺の一部を教室にして開いた「尋常浅間学校」

著名人から多くの賛同を得て、大反響。

現代の硬直化した学校教育にはない

面白い学びと遊びをやってみようという

コンセプトで始めたのが大当たりだったようですw

高橋さんは母校、

龍谷大学社会学部大学院客員教授もやられていて

命についての講義も行っていました。

「いのちの伝承」で平和を訴え

寺の在り方を常に問い、

著書、『寺よ、変われ』では

社会に衝撃を与えました。

そんな高橋さんですが、

現副住職の谷川光昭さん(31)と出会い、

寺務の後継体制が整ったことから

今年、2018年4月に事実上の住職引退を決め

2020年に予定されている谷川さんの住職就任をもって

住職を正式に引退されるとのことです。

今後の活動に関しては

「日本の仏教界や僧侶を激しく批判して来たことへの責任を全面的に果たしたい。

日本仏教界に危機感を持ち行動してきたが今後は今までの言動の責任をフリーの僧侶として模索し全力で果たしていく。」

と語られていて、

現在は京都市を拠点として教壇に立ちながら

タイ・チェンマイの大学で自らも学んでいく

という新しいスタートを切られています。

スポンサードリンク

仏教界の革命児と呼ばれる理由

高橋さんは経歴でも紹介した通り、

仏教界の慣例を次々に打ち破った事から

「仏教界の革命児」と呼ばれているんですね。

それは、今までの仏教界に対して

疑問を投げかけるような言動などももちろんのこと

枠にはまらないその企画や考え方からです。

尋常浅間学校に関してもそうですし、

若いボランティアが集まり

地域を騒がす計画を練ったり・・・

それ以外も「ほてら劇場」という

大騒ぎのコンサートを開催したり・・・

ちなみに”ほてら”とは「ホテル+お寺」の意味で

コンサートを開いた人達が止まっていくことから

ほてら劇場という名前が付いたとか(笑)

とにかく人が良く出入りする

温かいお寺の住職さんだったんですね。

寺とは本来そういうものなのだ

かつての寺は祈りの場だけでなく、医療や学問の中心地であり、公民館の役割をもち、悩み事の相談所でもあった。

また、行き暮れた人々や、身寄りのない人々の安息の場所でもあったのである。それが忘れられて久しい。

全国に8万もあるといわれる寺と、そこに住まいする坊さんたちの意識が社会に向いていけば日本も確実に変わるのにと思う。

引用:http://www.dinf.ne.jp

なんだか温かい^^

高橋さんは、人の人生に必ず起こる

「生老病死」という4つの「苦」に向き合い

その苦を癒そうと全力を尽くしてきました。

100人いれば100通りの送り方があると

手作りの温かな葬儀を創りだしてきたんですね。

理容師の葬儀では理容店の椅子を寺に持ち込み

座ってお経を読んだり

落語好きの商店主の葬儀では

参列した落語家に落語を演じてもらったり。

こうするのも故人らしい葬儀をし

肉親の死という大きな悲しみ、

「苦」に直面した遺族の心を慰め

明日を生きる力をよみがえらせてほしいと

工夫を凝らしているんですね。

現在の高橋僧侶のルーツ!イヤイヤ進んだ僧侶の道

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする