徳永克彦(航空写真家)の戦闘機の写真がかっこいい!経歴や年収、家族は?【情熱大陸】

こんにちは♪miiです✨

7/15放送の『情熱大陸』に

戦闘機カメラマンの徳永克彦さんが出演されます♩

戦闘機カメラマンって聞きなれないですよね?

高度1万メートル上空で戦闘機やアクロバット機を

誰よりも美しく撮影する仕事なんだそうですが

その仕事はどうやら過酷なお仕事のようです。

世界中の航空写真家の頂点に君臨し続ける男、

徳永さんのすごさについて迫ってみたいと思います♩

スポンサードリンク

徳永克彦wiki風プロフィール

名前:徳永克彦(とくなが かつひこ)

生年月日:1957年1月13日

年齢:61歳(2018年7月時点)

出身:東京都

職業:写真家

徳永さんは中学生のころ

飛行機の魅力にはまりました。

空軍機との運命の出会いは

1978年、21歳のころ。

アメリカ空軍T-33に同乗した事がキッカケで

空軍機の魅力にどっぷりとハマっていくのです。

それ以来世界各国の空軍機の

「空対空撮影」を中心に活動。

徳永さんがスゴイのは、

軍用機に同乗するのは容易な事ではないようで

同乗撮影が許可されているカメラマンは

世界でたったの3人だけ!

世界で3人だけの仕事って

とてつもないですよね。^^;

スゴイ。

徳永さんがこれまでにした航空写真の仕事は

45か国の空軍、海軍、航空会社の飛行機の撮影など。

45か国ですよ笑

飛行機に搭乗している時間は2000時間を超えると言います。

まさに83日間も飛行機に乗っている事になるんですね(;’∀’)

年間300日以上は撮影や事前交渉で

世界各地を飛び回る生活をされているんだそうです。

戦闘機カメラマンが過酷な理由

撮影中にかかる重力が半端ない!

戦闘機に同乗して撮影をするときには

とてつもない重力がかかるそうです。

その重力、なんと「10G」。

私たちが地上で生活をしている時にかかる重力は

「1G」らしいので10倍もの重力を受けるんですって!

パイロット訓練生が初めて戦闘機に乗ると

「3G」で気絶してしまうそうなので

徳永さんが10Gもの重力の中で

撮影をしている事自体がスゴイというのがわかります。

スポンサードリンク

命とお金のかかった撮影

戦闘機を一回飛ばすのに、燃料費だけで1回200万円以上!

更に、上空に滞在できる時間は1時間しかないそうなので

撮影できても10~20枚くらいの写真しか撮れないんだそうです。

さらには、戦闘機は一瞬のミスが

空中衝突を引き起こしかねないという、

死と隣り合わせの撮影なんだそうです。

そのため、徳永さんは、

命とお金のかかったミッションを安全に行う為

依頼者の撮影の要望に応える為

それぞれの機体の特性を全て把握し、

実現可能な飛行計画を練るそうです。

そのため、かなりの下準備を要し、

地上での準備で撮影は全て終わってる

と言われるほどなんだそうです。

戦闘機の写真がかっこいい!

徳永克彦の家族は?

年収がスゴイ?

は次のページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする