河井美咲の年収がすごいが作品がアートすぎてわからない?wiki経歴と旦那と子供【情熱大陸】

こんにちは♪miiです^^

10/28放送の『情熱大陸』には

ママさんアーティストの

河井美咲さんに密着するようです^^

”ヘタウマ”なイラストが大人気で

雑貨「フライングタイガー」

家具「IKEA」などとコラボしたり

海外で個展を開催するなどの人なんだそうですが

一体どんな人なのでしょうか?

今回はそんな河井さんについて

調査してみたいと思います♪

では早速!

いってみましょー✨

スポンサードリンク

河井美咲wiki風プロフィール&経歴

https://dual.nikkei.co.jp

名前:河井美咲(かわい みさき)

生年月日:1978年

年齢:40歳(2018年)

大学:京都芸術短期大学

出身:大阪府(※生まれは香川県)

母親が舞台美術や人形劇の活動をしていて

河井さんが小さい頃は、

母が家でよく人形を作っていました。

そんな母手作りのものに囲まれて育ったおかげで

物心ついた時からジャンル問わず

「作る」ことが大好きになっていたそうです。

小学校の時も

先生の似顔絵や面白いと思ったものを絵にかいて

友達に見せたりするような少女だったんですね^^

自分が作ったものを見て

周りの誰かが喜んでくれるということが

すごくうれしかった。

これが今の河井さんの原動力になっているようです。

そのため

高校卒業後の進路は迷わず美術系の大学へ。

河井さんの軸は

「自分が好きなものを楽しく作り続けたい」だったので、

アートでハッピーに生きていく道を模索していたといいます。

大学卒業後は

トルコやネパール、タイなどの海外を旅して、

カラフルで力強い民族的な色使いに刺激を受けたりしていました。

そんな中、旅で偶然知り合った大道芸をしていた知人が

当時カリフォルニアに住んでいて、

20歳の時に数か月遊びに行くことになったそうです。

カリフォルニア滞在中に、

道端で出会ったおじさんが河井さんの活動を知り、

「アーティストなんだったらぜひニューヨークへ

行ったほうがいいよ」とアドバイスをしてくれたそうです。

大道芸の人といい

このおじさんといい、

旅先で出会った人と仲良くなるって

スゴイ能力ですよね!

その言葉にビビッときた河井さん、

1999年、21歳で単身ニューヨークへ渡ります。

スポンサードリンク

コンテンポラリー(現代美術)アーティストとして活動

初めてのNY滞在は3週間。

ニューヨークには河井さんと同じ

アーティストの卵がいっぱいいたので

紛れ込んで路上販売をしてみたそうです(笑)

路上販売をしているとき、

1人の女性が「あなたおもしろいことをしているわね」と

100ドル分もの作品をまとめて買い上げてくれてびっくり!

その女性は、著名な彫刻家、

キキ・スミスさんという方で

アーティストの中では”超”がつくほど

有名な方だったそうです。

※河井さんはこの時は気づかなかったんですね(^^;(笑)

見る人が見たらスゴイアート作品なんですね。

キキ・スミスさんなどとの出会いを通じ

河井さんの絵の魅力が、ほかのアーティストや

アートディーラーの間に広まり

ニューヨークでの本格的な活動のきっかけになりました。

2002年、本格的にニューヨークを拠点にし

活動を始めた河井さん。

同年、「ケニー・シャクター・コンテンポラリー」

でグループ展に出展する機会を得ます。

立体作品の人形「Tree House」などを発表し

これがニューヨークタイムズでも大きく取り上げられ

大絶賛!

翌、2003年にはMoMA(ニューヨーク近代美術館)

初めての個展を開催し、

その後、ボストン現代美術館、

マルメ美術館(スウェーデン)

チルドレンズ美術館(NY)

などでも個展を開催しています。

20016年には北欧ブランド

「フライングタイガー コペンハーゲン」の初となる

コラボ商品を世界28か国、約600店舗を展開し

「IKEA」でもコラボ商品が出されています。

作風は大胆でシンプルでとにかくカラフル!

一見すると子供が描いたかとおもうような乱雑さですが

目利きによれば、それでこそが

『誰にも似ていないオリジナリティ』なんだそうです。

京都に拠点を持ちながらも、

1年の大半は海外での旅暮らし、

子育てをしながら生み出される河井さんのアートの世界は

国内外問わず非常に注目されているようですね^^

スポンサードリンク

結婚した旦那と子供

https://dual.nikkei.co.jp

河井さんはアメリカ人の夫、ジャスティンさんと

https://dual.nikkei.co.jp

3歳の娘、歩虹(ぽこ)ちゃんと常に3人一緒に

生活をしています。

ジャスティンさんは、写真家でありながら

河井さんのマネージャーもやっているそうです。

朝起きて、料理して、

歯を磨いて、絵を描く。

ポコちゃんと公園で遊び、

授乳して、おむつを替えて

また絵を描く。

完全にアートが生活の一部なんですね^^

というか、”絵を描く”ことが”特別なこと”だと

アーティストとしての活動ができないか・・。(笑)

時にはポコちゃんと一緒に

作品を手掛けることもあるんだそうですよ^^

旦那さんとの馴れ初めは

わかりませんでしたが、

旦那さんが河井さんの作品や人柄にほれ込んで

一緒に活動をしているような気がします。

ステキな家族だなーと感じますね✨

作品がアートすぎる!( ゚Д゚)

世界的アーティストの年収はやはりスゴイ?

は次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする